山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016-2017山谷越年越冬闘争のよびかけ

<<   作成日時 : 2016/12/20 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【2016-2017山谷越年闘争】
日時: 12月29日(木)昼〜1月4日(水)早朝
場所: 城北労働福祉センター(東京都台東区日本堤2-2-11 )前にて

     南千住駅(JR,日比谷線,TX)より徒歩10分です

 
 年末が近づいています。寒さが厳しさを増し、役所の窓口が閉じる、年末年始のこの時期、私達は越年越冬闘争を行います。毎日の炊き出し(共同炊事)と、寝床の準備、それに加えて各地での餅つき。どれも仲間の命をつなぎ連帯の輪を広げる大事な活動です。現場の取り組みを担っている仲間たちと議論を重ね、今年の越年越冬闘争の課題を以下のように4つ整理しました。ぜひ、山谷越年越冬闘争へのご支援ご協力をおねがいいたします。

【野宿者襲撃を根絶する】
野宿の仲間に対し、いわれのない暴力がふるわれることがここ30年も続いてきた。まったく顔も知らないのに、ただただ野宿しているというだけで、主に若者が貧者に暴力をふるい、死に至らせるようなことも起こっている。30年で20人の野宿者が、卑劣な襲撃によって殺されている。襲撃を引き起こしているのは野宿者に対する差別意識にほかならない。
今年も、秋口から、広い地域にわたって、野宿の仲間に対するかなりひどい暴力が起こっている。これらの卑劣な暴力にどう対抗し、仲間を守っていくのか、考えたい。これを越年越冬闘争の課題の一つとする。

【オリンピックに伴う町の再開発と排除に対してたたかう】
オリンピックに伴う再開発で、東京の町のそこらじゅうにマンションが作られ、町並みが大きく変わりつつある。山谷、浅草、上野の地域も、再開発の大波をかぶっている。だが、その本質は、金持ちのために町を作りかえ、貧乏人を追い出すということだ。
山谷の城北労働福祉センターが利用者カードを出さないのも、要するに日雇い・野宿の仲間を山谷から追い出すためだ。まずしい仲間を追い出して、山谷を寄せ場を解体し、お金持ちに売り渡すっていうことだ。
越年越冬闘争は、この再開発に対する貧しい者の側からのたたかいだ。

【アルミ缶集めの仕事を守る】
貧しい仲間のアルミ缶集めの仕事に対して、各区の清掃事務所が行っているイヤガラセのパトロール。貧しい者のギリギリの仕事に対する下品な妨害だ。特に墨田区と葛飾区の清掃事務所が悪質なので、これらの清掃事務所のパトロールの内容について情報を集め、清掃事務所に対する申し入れや交渉をしてきた。
多くの区で、アルミ缶や古紙集めの仕事を禁止する条例が一方的に作られた。この条例で、缶集め・新聞集めをやってる貧しい仲間の仕事が「条例違反」とされる。そのことが貧者に対する差別意識を助長するということも強調したい。
このような役所の妨害に対し、仲間の側に立って仕事を守っていくこと。これも越年越冬闘争の課題の一つだ。

【日雇い労働の問題に取り組む】
マンション建設ラッシュの東京。これらの建設現場で働いている中には、多く(特に土工や雑工)日雇いの仲間たちもいる。山谷からも約300人の労働者が仕事に行っているし、飯場や会社の寮に住み込みで働く仲間の数は、その数十倍だ。
仕事が増える一方で、現場には無理がかかり、怪我や死亡事故などの労災も起こっている。越年越冬闘争では、年末年始に飯場から出てきた仲間と出会うことも多いので、建築労働、日雇い労働の中でおきている様々な問題に取り組むようにしたい。
とくに、日雇い雇用保険について、その実態をしらべ、手帳を作りアブレ手当がもらえるはずの仲間が手帳を作れるよう、そして会社が印紙を貼るようにする取り組みを考えたい。

【2016-17山谷越年越冬闘争実行委員会】
台東区日本堤1-25-11 電話03-3876-7073 電話070-5022-2641

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
2016-2017山谷越年越冬闘争のよびかけ 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる