アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-
ブログ紹介
山谷労働者福祉会館活動委員会・支援者有志が送るブログです。

メール sanya@riseup.net


ツイッター
zoom RSS

2017年秋〜冬期カンパの呼びかけ

2017/10/12 13:51
山谷労働者福祉会館活動委員会からの2017年秋〜冬期カンパの呼びかけです。どうぞよろしくお願いいたします。

 これまでに物資・現金両面でカンパを寄せていただいた多くの皆さん、どうもありがとうございました。送っていただいた物資・食材により、多くの仲間が寝場所を守り食事をすることができました。野宿の仲間をとりまく厳しい状況は続きます。これからも私達は野宿を強いられる人々を支える取り組みを行っていきます。毎週日曜日には共同炊事(食事の支援)で毎回250食前後の食事を作り、また、貧しい人々を公共空間から追い出す役所などの動きに反対・抗議し、仲間たちのささやかな寝場所を守る取り組みを続けています。また日雇労働者を無権利状態に落とし込む動きに対して抵抗しています。これらの取り組みを支える物資とお金の寄付の呼びかけです。応援を、どうぞよろしくお願いします。

●必要な物資 

【毛布、衣類】
毛布、寝袋、防寒着、ジャンパー、トレーナー、フリース、ズボン、下着(新品)、靴下、軍手、スニーカー

【布団】
越年闘争の集団野営に使用します。年末までにお願いします。

【食材】
米(精米設備がないため白米をお願いいたします)、調味料(みそ、しょうゆ、みりん、和風だし、鶏がらスープ、塩、砂糖、カレールー、カレー粉)
インスタントコーヒー、粉末ミルク、紅茶、日本茶、カップ麺、缶詰、レトルトカレー

【日用品】
洗面用具(タオル、石けん、カミソリ、歯ブラシ、歯磨き粉)
洗剤(食器用、洗濯用)
カバン、テント、テレホンカード、カイロ、風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、マスク、湿布

【キャットフード】猫の世話をしている野宿の仲間が多いため
ドライ(カリカリ)とウェット(缶詰など)どちらでもOKですができればウエットをお願いします。

【仕事道具】日雇仕事に就くのに必要な装備を買うことができない労働者に無料で貸し出しています
安全帯、腰袋、安全靴、作業着(特に安全帯が不足しています)


物資送り先
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館
TEL&FAX 03-3876-7073
*宅配便の配達時間を、『日曜日12時〜14時』と着時間指定にてお送り下さい。不可の場合は『日曜日14時〜16時』着指定でお願いします。
*衣類は、野宿生活に向く実用的なものが必要とされています。
*以下のものは需要がありませんので、送っていただかないようお願いいたします。
〖背広、スーツ、ワイシャツ、女性もの衣類、どてら、かいまき、食器〗

●現金カンパ

【銀行口座などから振り込む際の口座番号・名義】
銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 019
預金種目 当座
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号 0550132
名義 サンヤロウドウシャフクシカイカンウンエイイインカイ

【郵便振替口座】
郵便振替口座:00190-3-550132
口座名義:山谷労働者福祉会館運営委員会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017山谷夏祭りやりました

2017/10/12 13:32
暑さ真っ盛りの8月5日6日、玉姫公園で山谷夏祭りを開催しました。
今年のスローガンは「日雇労働者の権利を奪うな!白手帳取り上げ反対!」です。別記事の通り、日雇雇用保険制度の運用の改悪が進められ、多くの労働者が制度から切り捨てられるという激動の状況下での夏祭りでした。
約1か月前から毎週日曜日の共同炊事の後に打ち合わせを重ね準備をしてきて、日々日雇職安行動を行いながら迎える夏祭り本番です。
資材の運び込みから会場の設営がまず大仕事になるのですが、多くの人が協力してくれ無事にできあがりました。
その後はアルミ缶交換です。ひとり10キロまでアルミ缶の買取、またはアルミ缶10個で屋台券(ワッショイ券といいます)と交換します。野宿者の重要な仕事であり生きるすべであるアルミ缶回収に対して、各区が条例を作り一方的に禁止するばかりか、役人がアルミ缶を集める野宿者をつけ回したり警察を使って脅したりといった条例を逸脱する暴力行為が行われています。また、区委託の回収業者が野宿者に暴言を吐く、差別的な住民によるいやがらせなど野宿者が強いられる理不尽な状況は深刻化しています。アルミ缶交換はそれらを許さず共に闘おうという確認でもあります。
祭り開始は共同炊事から。約300人で共に飯を食いました。続いて乾杯のあと、ステージ演奏と屋台(食べ物は全て50円)がスタートします。演奏は5日が中川五郎、ジンタらムータ、SwingMASAの皆さん、6日が岡大介、蟹座の皆さん。6日はカラオケ大会も。屋台は、渋谷で追い出しと闘う野宿の仲間たちや沖縄の闘いに連帯する人々、そして山谷の仲間たちなど合計14になりました。屋台をやるほうも買うほうもみんな楽しそう。
最後は盆踊りで締めて、6日はその後に解体・撤収作業。これにも多くの人が残っていただき、ドロドロの2日間を終えることができました。
夏祭りは一時のことではありますが、楽しかった思い出はその後の取り組みを続ける上でひとつの原動力になっていると思います。ご支援ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山谷夏祭りでの写真撮影について

2017/08/03 22:05
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日雇労働者の権利を奪うな!2017山谷夏祭りへ!

2017/08/03 22:00
7月になり、今年もクソ暑い夏がやってきた!温度計の目盛りは30度のとこを越えたまま張り付き、日差しの強さと熱気が、体力と気力を削りとっていくのが目に見えるようだ。
毎日外で働いてる日雇いの仲間たち、外で暮らし寝てる野宿の仲間たちにとって、一番キツイ季節だが、俺たちは今年も山谷で夏祭りをします!日程は8月の5日(土)と6日(日)。
アブレの嵐が吹き荒れ、ドヤを叩き出された寄せ場の仲間があらゆる空き地にブルーシートの小屋を立てまくった1990年代。それ以来、俺達の夏祭りの中心・主役は、最も厳しい立場に置かれた野宿の仲間たちだった。一番カネのない仲間が一息ついてささやかな楽しみが得られる夏祭り。このコンセプトに賛同し、貧しい仲間のたたかいに心を寄せてくれる支援、共闘の人々とともに作り上げてきた夏祭りの精神は今年も変わることはない。
だが、今年の山谷では、外すことのできない重要な課題がガツンと現れている。それは、日雇い雇用保険の問題で、昨年の年末から、厚労省が日雇い雇用保険制度の運用に、強烈なしめつけをかけてきているのだ。日雇い労働者は、白手帳と呼ばれる日雇い雇用保険の手帳を持ち、寄せ場の日雇い職安から(もしくは民間の業者から)仕事に行き、失業した日には日雇い職安でアブレ手当(失業給付にあたるもの)を受け取る。これが寄せ場の姿であり、日雇い雇用保険制度は、日々就職と失業とを繰り返す日雇い労働者の労働と生活の実態をよく反映した制度として、寄せ場に位置づき、機能してきた。
しかし、昨年末、厚労省は日雇い雇用保険の不正受給事件をきっかけ・口実として、「雇用保険法における日雇い労働者の定義を厳格化する」と称し、各都道府県の日雇い職安に通達を行う。そしてその結果、各地の日雇い職安では今、白手帳の取り上げとも言える事態が進んでいるのだ。玉姫職安では、今年の8月から9月にかけての時期、有効な白手帳の数が一気に4分の1に減らされる可能性すらある。夏祭りの時期は、ちょうどこのタイミングと重なる。今年の夏祭りが、なりふり構わずに強行される白手帳取り上げに対する抵抗の場という性格を持つことになれば、とてもいいと思うのだが。

2017山谷夏祭り

日程 8月5日(土)6日(日)

場所 玉姫公園(台東区清川2-13-18)

画像


※5日(土)11時のうちあわせと積み込み作業の場所は山谷労働者福祉会館(台東区日本堤1‐25‐11)それ以外はすべて玉姫公園です
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


野宿者・失業者メーデーのよびかけ

2017/05/01 22:43
5月3日(水)野宿者・失業者メーデー
 

 10時〜神宮通公園   いろいろ準備作業
 12時〜昼飯、アピール
 13時〜デモ
 14時〜宮下公園の状況報告(デモ後、美竹公園)


2020年、オリンピックまで後3年。オリンピックにかこつけた再開発計画乱立の東京。
建設ラッシュだが、賃金底割れ競争で単価は上がらず、建設現場は若い人が入ってこず人不足。年のいった仲間が、体を削り働く。身一つで働く仲間達には何の保障もなく、体をこわせば即路上にたたき出される。高齢で仕事をなくし、役所で生活保護の門を叩けば、悪徳業者の施設へ丸投げ。「
飼い殺しの劣悪施設はまっぴらだ」と飛び出す仲間が、大勢いる。公園は貧しい仲間たちが命と尊厳をぎりぎりの所でつなぐのに必要な場だ。
だが、その公園が次々、営利目的に転用する計画にさらされている。計画の支障になると、力づくの強制排除が繰り返されている。

昨年2016年、都立・明治公園にくらす仲間へ数百名の役人警官が1月封鎖強行、4月仮処分による強制執行。新国立競技場建設のため問答無用の公園破壊。抗議行動に参加した仲間2名が逮捕弾圧。
今年2017年3月27日、渋谷・宮下公園で予告なしの封鎖強行。2名の仲間を逮捕弾圧。渋谷では2010年以降、4度目となる警官隊を使って、野宿の仲間を追い出す公園封鎖。逮捕権まで乱用する追い出し攻撃に、こっちは会合をもち作戦をたて対抗している。

強大な資本に労働者の団結で対抗した5月労働祭メーデー
オリンピック追い出しに直面する野宿失業現場から、結集を呼びかけます。
公園破壊まっただ中の渋谷のまちで飯を食い、声をあげます。ご参加下さい!

                                       2017野宿者・失業者メーデー実行委員会


デモコース
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016-2017山谷越年闘争にご支援ありがとうございました

2017/03/01 12:51
2016年12月29日から2017年1月4日までの7日間、山谷の城北労働福祉センター前にて山谷越年闘争をとりくみました。毎日の共同炊事と野営に加え、隅田川と上野公園でのもちつき、なぎさ寮への応援、各地夜回りと盛り沢山の日程を、多くの仲間が力を合わせることでやりきることができました。年明け4日には台東区への生活保護集団申請行動、日雇い職安登録行動を行いました。
仕事の情報交換をしたり、野宿の寝場所を紹介しあったり、越年をともにした仲間たちとは越年が終わっても支えあいながら、追い出し、アルミ缶回収への妨害、襲撃など直面する問題をともにたたかっています。
山谷越年闘争へのご参加、物資・現金カンパなどのご支援に深く感謝申し上げます。

画像

野営テントのたてこみ



画像

250人分の炊事道具




画像

共同炊事野菜切り



画像

50人分の鍋が汁と飯それぞれ5つ



画像

鍋に切った野菜を投入



画像

盛り付けもみんなで



画像

寝床



画像

もちつき



画像

隅田川と上野公園のもちつきで掲げた横断幕



画像

つきあがったもちは人数分に分けこの後もつ煮をかけます



画像

年越しそば、山本太郎さんも作業に参加



画像

野営テントに入りきらず外まであふれた寝床





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山谷越年闘争スケジュールとカンパのお願い

2016/12/20 00:27
【山谷越年闘争スケジュール】

場所の記載のないものは城北労働福祉センター(台東区日本堤2-2-11)前です。すべてを野宿当事者を中心に共同作業で行います。多くの方のご協力をお願いいたします。(できるだけうちあわせからのご参加をお願いします。)
※写真撮影はご遠慮ください。

画像


12月29日(木) 
正午うちあわせ(山谷労働者福祉会館(台東区日本堤1-25-11))→資材の運び作業
3時 うちあわせ→飯作り
5時 晩飯→かたづけ→よりあい→ふとん敷き→就寝
9時 夜まわり(上野)

12月30日(金)
7時 起床
8時 朝飯
9時 うちあわせ
12時 「はじめての山谷入門講座」(山谷労働者福祉会館)
3時 うちあわせ→飯作り
5時 晩飯→かたづけ→よりあい→ふとん敷き→就寝
9時 夜まわり(隅田川、浅草)

12月31日(土)
7時 起床
8時 朝飯
9時 うちあわせ→もちつき準備
12時 隅田川もちつき(隅田公園つきやま下)
3時 うちあわせ→飯作り
5時 晩飯→かたづけ
6時 芝居
7時 年越しそば→ふとん敷き→就寝

1月1日(日)
7時 起床
8時 朝飯
9時 うちあわせ→もちつき準備
11時 なぎさ寮もちつき(なぎさ寮)
3時 うちあわせ→飯作り
5時 晩飯→かたづけ→よりあい→ふとん敷き→就寝
9時 夜まわり(上野)

1月2日(月)
7時 起床
8時 朝飯
9時 うちあわせ→もちつき準備
12時 上野もちつき(上野公園)
3時 うちあわせ→飯作り
5時 晩飯→かたづけ→よりあい→ふとん敷き→就寝

1月3日(火)
7時 起床
8時 朝飯
9時 うちあわせ
12時 今後に向けたよりあい
3時 うちあわせ→飯作り
5時 晩飯→かたづけ→よりあい→資材撤収作業→ふとん敷き→就寝
 
1月4日(水)
4時半 起床→野営拠点解体、資材撤収作業→集約(山谷労働者福祉会館)
8時 生活保護集団申請行動(台東区役所)


【カンパのお願い】

資材、食材の購入、車両費用など、山谷越年越冬闘争を支えるカンパをどうかよろしくお願いいたします。

@郵便振替口座
郵便振替口座:00190-3-550132
口座名義:山谷労働者福祉会館運営委員会

A他金融機関などからの振り込み
銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 019
預金種目 当座
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号 0550132
名義 サンヤロウドウシャフクシカイカンウンエイイインカイ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016-2017山谷越年越冬闘争のよびかけ

2016/12/20 00:22
【2016-2017山谷越年闘争】
日時: 12月29日(木)昼〜1月4日(水)早朝
場所: 城北労働福祉センター(東京都台東区日本堤2-2-11 )前にて

     南千住駅(JR,日比谷線,TX)より徒歩10分です

 
 年末が近づいています。寒さが厳しさを増し、役所の窓口が閉じる、年末年始のこの時期、私達は越年越冬闘争を行います。毎日の炊き出し(共同炊事)と、寝床の準備、それに加えて各地での餅つき。どれも仲間の命をつなぎ連帯の輪を広げる大事な活動です。現場の取り組みを担っている仲間たちと議論を重ね、今年の越年越冬闘争の課題を以下のように4つ整理しました。ぜひ、山谷越年越冬闘争へのご支援ご協力をおねがいいたします。

【野宿者襲撃を根絶する】
野宿の仲間に対し、いわれのない暴力がふるわれることがここ30年も続いてきた。まったく顔も知らないのに、ただただ野宿しているというだけで、主に若者が貧者に暴力をふるい、死に至らせるようなことも起こっている。30年で20人の野宿者が、卑劣な襲撃によって殺されている。襲撃を引き起こしているのは野宿者に対する差別意識にほかならない。
今年も、秋口から、広い地域にわたって、野宿の仲間に対するかなりひどい暴力が起こっている。これらの卑劣な暴力にどう対抗し、仲間を守っていくのか、考えたい。これを越年越冬闘争の課題の一つとする。

【オリンピックに伴う町の再開発と排除に対してたたかう】
オリンピックに伴う再開発で、東京の町のそこらじゅうにマンションが作られ、町並みが大きく変わりつつある。山谷、浅草、上野の地域も、再開発の大波をかぶっている。だが、その本質は、金持ちのために町を作りかえ、貧乏人を追い出すということだ。
山谷の城北労働福祉センターが利用者カードを出さないのも、要するに日雇い・野宿の仲間を山谷から追い出すためだ。まずしい仲間を追い出して、山谷を寄せ場を解体し、お金持ちに売り渡すっていうことだ。
越年越冬闘争は、この再開発に対する貧しい者の側からのたたかいだ。

【アルミ缶集めの仕事を守る】
貧しい仲間のアルミ缶集めの仕事に対して、各区の清掃事務所が行っているイヤガラセのパトロール。貧しい者のギリギリの仕事に対する下品な妨害だ。特に墨田区と葛飾区の清掃事務所が悪質なので、これらの清掃事務所のパトロールの内容について情報を集め、清掃事務所に対する申し入れや交渉をしてきた。
多くの区で、アルミ缶や古紙集めの仕事を禁止する条例が一方的に作られた。この条例で、缶集め・新聞集めをやってる貧しい仲間の仕事が「条例違反」とされる。そのことが貧者に対する差別意識を助長するということも強調したい。
このような役所の妨害に対し、仲間の側に立って仕事を守っていくこと。これも越年越冬闘争の課題の一つだ。

【日雇い労働の問題に取り組む】
マンション建設ラッシュの東京。これらの建設現場で働いている中には、多く(特に土工や雑工)日雇いの仲間たちもいる。山谷からも約300人の労働者が仕事に行っているし、飯場や会社の寮に住み込みで働く仲間の数は、その数十倍だ。
仕事が増える一方で、現場には無理がかかり、怪我や死亡事故などの労災も起こっている。越年越冬闘争では、年末年始に飯場から出てきた仲間と出会うことも多いので、建築労働、日雇い労働の中でおきている様々な問題に取り組むようにしたい。
とくに、日雇い雇用保険について、その実態をしらべ、手帳を作りアブレ手当がもらえるはずの仲間が手帳を作れるよう、そして会社が印紙を貼るようにする取り組みを考えたい。

【2016-17山谷越年越冬闘争実行委員会】
台東区日本堤1-25-11 電話03-3876-7073 電話070-5022-2641
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016秋〜冬期カンパのお願い 現在毛布・寝袋、冬物衣料、カイロが最も不足しております

2016/09/27 16:01
こんにちは。以下、山谷労働者福祉会館活動委員会からの2016年秋〜冬期カンパの呼びかけです。どうぞよろしくお願いします。

 これまでに物資・現金両面でカンパを寄せていただいた多くの皆さん、どうもありがとうございました。送っていただいた物資・食材により、多くの仲間が寝場所を守り食事をすることができました。野宿の仲間をとりまく厳しい状況は続きます。これからも私達は野宿を強いられる人々を支える取り組みを行っていきます。毎週日曜日には共同炊事(食事の支援)で毎回250食前後の食事を作り、また、貧しい人々を公共空間から追い出す役所などの動きに反対・抗議し、仲間たちのささやかな寝場所を守る取り組みを続けています。これらの取り組みを支える物資とお金の寄付の呼びかけです。応援を、どうぞよろしくお願いします。

●必要な物資 現在毛布・寝袋、冬物衣料、カイロが最も不足しております

【毛布、衣類】
毛布、寝袋、防寒着、ジャンパー、トレーナー、フリース、ズボン、下着(新品)、作業着、靴下、軍手、靴

【布団】
越年闘争の集団野営に使用します。年末までにお願いします。

【食材】
米(精米設備がないため白米をお願いいたします)、調味料(みそ、しょうゆ、みりん、和風だし、鶏がらスープ、塩、砂糖、カレールー、カレー粉)
インスタントコーヒー、粉末ミルク、紅茶、日本茶、カップ麺、缶詰、レトルトカレー

【日用品】
洗面用具(タオル、石けん、カミソリ、歯ブラシ、歯磨き粉)
洗剤(食器用、洗濯用)
カバン、テント、テレホンカード、カイロ、風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、マスク、湿布薬

【キャットフード】
(猫の世話をしている野宿の仲間が多いため)
ドライ(カリカリ)とウェット(缶詰など)どちらでもOKですができればウエットをお願いします。

【仕事道具】
安全帯、腰袋、安全靴


物資送り先
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館
TEL&FAX 03-3876-7073
*宅配便の配達時間を、『日曜日の12時〜14時』と着時間指定にてお送り下さい。
*衣類は、野宿生活に向く実用的なものが必要とされています。
*以下のものは需要がありませんので、送っていただかないようお願いいたします。
〖背広、スーツ、ワイシャツ、女性もの衣類、どてら、かいまき、食器〗

●現金カンパ

【銀行口座などから振り込む際の口座番号・名義】
銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 019
預金種目 当座
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号 0550132
名義 サンヤロウドウシャフクシカイカンウンエイイインカイ

【郵便振替口座】
郵便振替口座:00190-3-550132
口座名義:山谷労働者福祉会館運営委員会
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016山谷夏祭りにご支援ご協力ありがとうございました

2016/09/14 16:11
画像




8月6日7日の2日間、「オリンピック再開発で貧乏人を殺すな」をスローガンに玉姫公園で山谷夏祭りが行われました。酷暑の中で設営作業から祭り本番、解体撤収まで多くの仲間たちの協力のもとやりきることができました。
財政カンパをはじめ作業への参加、ステージ出演、屋台出店などさまざまな形でご支援いただいた皆様ありがとうございました。

山谷夏祭りでは写真撮影はご遠慮いただいています。実行委員会撮影班のみが記録用に撮影を行い、実行委が画像管理に責任を持ちます。ご理解をお願いいたします。

画像
炎天下での搬入、設営作業
画像


画像




画像
画像


アルミ缶は買い取りまたは屋台で使えるワッショイ券と交換します。「アルミ缶仕事は多くの野宿者の命がかかった生業だ。差別や暴力をゆるさないぞ!」

画像












画像

画像


祭りスタートの前に共同炊事で腹ごしらえ




画像中川五郎さん 画像    岡大介さん

2トントラックの荷台をステージに

画像ジンタらムータ ステージ前のアルミ缶の山

画像
中川敬さん



画像
        SwingMASA スクリーンには明治公園野宿者強制排除との闘いの映像





屋台出店にはオリンピック排除と闘う渋谷の野宿の仲間たちや沖縄現地が闘争の渦中にある高江や辺野古とつながるグループもかけつけてくれました。
画像


画像














記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


野宿者襲撃の問題についての現場報告記事です

2016/08/05 18:58
画像

画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


山谷夏祭りでの写真撮影について

2016/08/05 15:47
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年山谷夏祭りのおしらせ

2016/07/23 19:19
画像

画像

画像

画像

画像

 今年のわたしたちの夏祭りは、8月6日(土)、7日(日)と決まりました。スローガンは「オリンピック再開発で貧乏人を殺すな!」。いま、オリンピックを控えた東京のあちこちで再開発が急ピッチですすみ、それにともない野宿の仲間に対する追い出しが起こっています。わたしたちは日頃から共同炊事(行列なしの炊き出し)をやったり、役所と交渉をしたりして、野宿の仲間と共にたたかい、応援をしてきました。このたたかいの延長にある山谷夏祭りも、最もきびしい立場におかれている野宿の仲間が主役です。

 だから、夏祭りでは、ウーロンハイは無料だし、屋台は全部50円(アルコールは100円)で買えます。また、例年通り、仲間が持ち込むアルミ缶を屋台券(ワッショイ券という名前をつけてます)と交換しますが、これも、手持ちの金がほとんどない仲間たちが、屋台で飲み食いできるようにです。原則として、夏祭りの撮影をお断りしているのも、様々な背景や問題を持つ仲間たちが安心して参加できるように。

 野宿し、日々役人やガードマン、心ない住民からの追い出しを受けつつ、夜通し缶を集めてささやかな現金収入を得、必要に応じて炊き出しまわりをしつつ、誇りを持って生き延びている仲間たち。山谷夏祭りは、あなた達のためのものです。そして、全ての貧しい人々のためのものです。ぜひ来てください!これらの人々が誰よりも楽しめ、一息ついて、たたかいの中でたおれ死んでいった仲間たちをしのぶ祭り。それが、山谷夏祭りです。

 多くのみなさんの力で、山谷夏祭りをつくりあげたいと考えています。心を寄せてくださるみなさん、実行委員会にお集まりください。また、夏祭り当日の8月6、7日にお集まりください。どうぞよろしくお願いします。

【時間と場所】 日時:8月6日(土)、7日(日)午後4:30〜8:00まで(カラオケ、ステージ演奏は5:00すぎから) 場所:山谷玉姫公園(台東区清川2-13-18)。最寄り駅は南千住駅(つくばエキスプレス、JR常磐線、日比谷線)

【天候について】大雨の場合には中止となります。その場合には当日twitterなどでお知らせしますので、ご確認ください。

【バンド演奏について】今年の夏祭りのステージ演奏の予定です。(敬称略) 8月6日(土):岡大介、中川五郎 8月7日(日):Swing MASA、ジンタらムータ、中川敬

【撮影はご遠慮下さい】山谷夏祭りでは公園内での撮影はご遠慮していただいています。夏祭りには山谷やその周辺で暮らす日雇い労働者や野宿する人々が多くこられます。その人たちの中には様々な理由で写真をとられることを苦痛・不安に思う人も多いです。日雇い・野宿の仲間たちの中には、面識のない人がカメラを出すだけで、その場から立ち去らざるを得ない人々もいます。山谷夏祭りは、そういう最も弱い立場に置かれた仲間たちを主役で、安心していられる場として作っていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

【2013年夏祭りでの性差別事件についての反省文】
写真の一番下に貼り付けてあります。様々な問題に直面しての夏祭りとなりますが、多くの人々と作り上げていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

【夏祭りへのカンパお願いいたします】
《銀行口座などから振り込む際の口座番号・名義》
銀行名:ゆうちょ銀行/金融機関コード:9900/店番号019/預金種目:当座/店名:〇一九店/口座番号:0550132/名義:サンヤロウドウシャフクシカイカンウンエイイインカイ
《郵便振替口座》
00190−3−550132/山谷労働者福祉会館運営委員会
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年夏季カンパのお願い

2016/07/10 23:05
こんにちは。以下、山谷労働者福祉会館活動委員会からの2016年夏期カンパの呼びかけです。どうぞよろしくお願いします。

これまでに物資・現金両面でカンパを寄せていただいた多くの皆さん、どうもありがとうございました。厳しい暑さ
の中、みんなふんばっています。
隅田川と上野公園で交互に行う毎週日曜日の共同炊事には約150人から250人の仲間が集まり共に飯を作り、食っています。
衣類や日用品を必要な人に分配する衣類分配には毎回100人以上の仲間が参加します。3月からは隅田川に加え上野でも衣類分配を始めました。
野宿の仲間が力を合わせて寝場所や生活を守り、差別や襲撃とたたかっていく取り組みを続けています。8月の山谷夏祭りの準備も始まりました。
これらの取り組みを支える物資とお金の寄付の呼びかけです。応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

●必要な物資 

【毛布、衣類】
Tシャツ、シャツ、薄手のジャンバー、下着(新品)、作業着、ズボン、靴下、軍手、靴、タオルケット、毛布

【食材】
米(精米設備がないため白米をお願いいたします)、調味料(醤油、みりん、和風だし、鶏がらスープ、塩、砂糖、カレールー、カレー粉)
インスタントコーヒー、粉末ミルク、紅茶、日本茶、カップ麺、缶詰、レトルトカレー

【日用品】
洗面用具(タオル、石けん、カミソリ、歯ブラシ、歯磨き粉)
洗剤(食器用、洗濯用)
カバン、テント、テレホンカード、蚊取り線香、虫刺されの薬、風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、マスク

【キャットフード】
(猫の世話をしている野宿の仲間が多いため)
ドライ(カリカリ)とウェット(缶詰など)どちらでもOKですが、特にウェットが不足しています

【仕事道具】
安全帯、腰袋、安全靴


物資送り先
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館
TEL&FAX 03-3876-7073
*宅配便の配達時間を、『日曜日の12時〜14時』と着時間指定にてお送り下さい。
*衣類は、野宿生活に向く実用的なものが必要とされています。
*以下のものは需要がありませんので、送っていただかないようお願いいたします。
〖背広、スーツ、ワイシャツ、女性もの衣類、どてら、かいまき、食器〗

●現金カンパ

【銀行口座などから振り込む際の口座番号・名義】
銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 019
預金種目 当座
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号 0550132
名義 サンヤロウドウシャフクシカイカンウンエイイインカイ

【郵便振替口座】
郵便振替口座:00190-3-550132
口座名義:山谷労働者福祉会館運営委員会
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


2015-2016山谷越年闘争の報告

2016/04/08 12:10
12月22日台東区福祉事務所へ越年期間中の対応について要求行動

12月28日(越年闘争開始前日)
みんなで渋谷の越年闘争初日の応援に行く。渋谷では一昨年、昨年と渋谷区が越年闘争をやらせないために年末から公園を閉鎖した。渋谷の仲間たちは、一昨年は越年2日目夜中に大量の警察官に宮下公園から排除されても神宮通公園で越年を続け、昨年は越年直前に付近の全ての公園を封鎖されたが宮下公園脇の路上で越年をやり抜いた。そして野宿できないように夜間閉鎖を決めた神宮通公園に292日間毎晩集まってとうとう渋谷区に夜間閉鎖を断念させた。そんな徹底的な反撃にあった渋谷区は今年は美竹公園を年末閉めないと発表。仲間たちは公園に煮炊きの道具を持ち込みみんなが寝れる大きなテントを張った。共にガンバロー!と渋谷を後にする。

12月29日(越年闘争1日目)
9時なぎさ寮を含む山谷越年宿泊受付179人。

12時越年突入、東京都の山谷対策機関である城北労働福祉センター前に物資を運び込む。再開発が進行する山谷でも野宿者排除が激化。センターも野宿場所をつぶし、野宿者のセンター登録を拒否している。責任を放棄し労働者に野垂れ死にを強いるセンター前の路上に陣取る。画像
センターの軒先に野営テント設営。野宿の仲間の現場仕事の蓄積が最も発揮される場面。さん木と竹で骨組みをブルーシートで屋根と壁を張る。ドラム缶で火を炊き一釜50人前の米と豚汁を4釜ずつ。まき作り、米とぎ、野菜切り、煮込み、洗い・・大勢で。コンパネでテーブルを組立て晩飯170人。越年合流を呼びかける上野夜回り。(ここで深刻な襲撃の実態を聞き越年明けの防衛行動へ)布団を敷いて集団野営。

12月30日(越年闘争2日目)
会館で学習会。「労働と社会保障、貧者の力能 」と「辺野古のたたかいの報告」。
センター前に戻って米とキムチモツ汁を6釜ずつ。知恵を出し合い作業。黙々と薪運びをやる人、ひょうきんでみんなを笑わせる人・・晩飯220人。夜は明日の餅つきを知らせる隅田川浅草夜回り。画像 集団野営、野営テントに収 まりきらず路上にダンボールと布団を敷く。(以下連日)
画像
12月31日(越年闘争3日目)
朝からモツ煮作り。隅田川餅つき、モツ煮ぶっかけ雑煮。晩飯サンマ汁240人。テント芝居来訪。年越しそば。一日みんな動きまわる。山谷のダンボール不足を聞いた渋谷の仲間たちがダンボールをたくさん運んできてくれた。昨晩みんなで拾い集めてくれたそう 。
画像

1月1日(越年闘争4日目)
山谷越年宿泊施設の大井埠頭の番外地にあるなぎさ寮へもちつきに。宿泊している仲間たちと再会。バンバンついてくれてあっというまに3臼がつきあがり。大根おろしときなこで。正月明けに会おうと約して山谷に帰る。晩飯ぶり大根 250人。
ふとん敷きの後上野夜回り。4日目でお互いの顔が見えてくる時。
画像画像
1月2日(越年闘争5日目)
上野もちつき、駅や公園で寝ている仲間が集まってくれる。襲撃が続いているとのこと。上野からセンター前に合流する人も。晩飯赤むつ汁、255人。センター前に寝る人、河川敷の小屋から毎日通って来る人、作業の息も合ってきた。
画像
1月3日(越年闘争6日目)
越年明けのことをみんなでじっくり相談。生活保護のことや仕事の情報交換、野宿場所のことなど。晩飯カレー250人。野営に使う以外の物資を撤収。

1月4日(越年闘争最終日 )
朝4時起きで撤収作業。連日の飯作りでススで真っ黒になった服を着替え。
8時から台東区に生活保護集団申請12人。高齢で体力的に土方ができなくなったが生活保護のことは知らず野宿していた人や上野手配の貧困ビジネスから逃れてきた人が目立つ。越年を共にした仲間として野宿の仲間や既に生活保護をとった仲間が応援。山谷のドヤその他へ。
玉姫職安で求職受付票を作る行動。

1月5日
少年による襲撃が続く上野で徹夜の張り番。越年を共にした仲間約15名で。この後4回張り番。

1月9日
隅田川で衣類分配。衣類を中心にカバン、靴、タオル、缶詰などの食品を約100人で分配。運びから仕分けまでみんなで作業。ブルーシートの上に物資を仕分け、くじ引きで順番に必要なものを選ぶ。防寒着や下着、野宿に向く大きめのカバン、靴が人気。

1月10日
毎週日曜日の共同炊事を再開。

1月17日
この日から3月末までの越年期間中、第1、第3日曜日の夕方6時半から上野公園科学博物館前での共同炊事と寄り合いを再開。
生活保護や玉姫職安でのダンボール手帳取得行動の相談、襲撃に関する情報も。
少年らの襲撃は1月31日の早朝を最後にパタッと止まる。

−−−−−−−−−−−−

設営から毎日の飯作りや布団敷などすべての作業が野宿者が中心に行われました。大勢が力を合わせることでやりきれたと思います。新しい仲間ができ、越年後の行動に合流してくれていることも大きな収穫でした。実行委で話し合い、越年明けから隅田川だけでなく上野での共同炊事と衣類分配も始めました。高校生らしきグループの悪質な襲撃が続いた上野で、被害に会った仲間と共に張番や都への行動も行いました。
命だけではない、尊厳を守る取り組みとして、越年そして通年のたたかいを続けていきたいと思います。
最後になりましたが、全国から送っていただいた現金、食材と毛布や衣類などの物資は非常にありがたく、有効に活用させていただきました。長年ご支援頂いている労組、教会、団体から多数の個人の方まで本当にたくさんの方々に支えられていることを感じます。越年に参加してくださった方、カンパをお送り頂いた方、深くお礼申し上げます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016春期カンパのお願い

2016/03/27 23:09
こんにちは。以下、山谷労働者福祉会館活動委員会からの2016年春期カンパの呼びかけです。どうぞよろしくお願いします。

これまでに物資・現金両面でカンパを寄せていただいた多くの皆さん、どうもありがとうございました。おかげさまで厳しい寒さをようやく越すことができました。
現在、明治公園の追い出しとのたたかいが弾圧そして土地明渡しの仮処分と許しがたい攻撃を受けています。山谷からも多くの仲間たちが連日応援に駆けつけています。
毎週日曜日の共同炊事には約250人の仲間が集まり共に飯を作り、食っています。
衣類や日用品を必要な人に分配する衣類分配には毎回100人以上の仲間が参加します。3月からは隅田川に加え上野でも衣類分配を始めました。
野宿の仲間が力を合わせて寝場所や生活を守り、差別や襲撃とたたかっていく取り組みを続けています。
これらの取り組みを支える物資とお金の寄付の呼びかけです。応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

●必要な物資 赤字が現在最も不足しているものです

【毛布、衣類】
毛布、寝袋、防寒着、ジャンパー(春用)、Tシャツ、シャツ、下着(新品)、作業着、ズボン、靴下、軍手、靴

【食材】
米(精米設備がないため白米をお願いいたします)、調味料(醤油、みりん、和風だし、鶏がらスープ、塩、砂糖、カレールー、カレー粉)
インスタントコーヒー、粉末ミルク、紅茶、日本茶、カップ麺、缶詰、レトルトカレー

【日用品】
洗面用具(タオル、石けん、カミソリ、歯ブラシ、歯磨き粉)
洗剤(食器用、洗濯用)
カバン、テント、テレホンカード、カイロ、風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、マスク

【キャットフード】
(猫の世話をしている野宿の仲間が多いため)
ドライ(カリカリ)とウェット(缶詰など)どちらでもOKですが、特にウェットが不足しています

【仕事道具】
安全帯、腰袋、安全靴


物資送り先
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館
TEL&FAX 03-3876-7073
*宅配便の配達時間を、『日曜日の12時〜14時』と着時間指定にてお送り下さい。
*衣類は、野宿生活に向く実用的なものが必要とされています。
*以下のものは需要がありませんので、送っていただかないようお願いいたします。
〖背広、スーツ、ワイシャツ、女性もの衣類、どてら、かいまき、食器〗

●現金カンパ

【銀行口座などから振り込む際の口座番号・名義】
銀行名 ゆうちょ銀行
金融機関コード 9900
店番 019
預金種目 当座
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
口座番号 0550132
名義 サンヤロウドウシャフクシカイカンウンエイイインカイ

【郵便振替口座】
郵便振替口座:00190-3-550132
口座名義:山谷労働者福祉会館運営委員会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)へ弁護士による質問書

2016/01/30 13:36
ホームレス総合相談ネットワークフェイスブックhttp://fb.me/7KgRWY8Si より転載


ご連絡(質問書)

独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC) 御中
 理事長 大東 和美 殿
 新国立競技場設置本部 ご担当者 殿
  ファクス(JSC管理部総務課) 03-5410-9146
2016年1月29日
弁護士  山本 志都(連絡担当)
墨東法律事務所
〒 136-0071 江東区亀戸2-28-3 アセッツ亀戸4階
電話 03-5628-5633

弁護士  戸舘 圭之
戸舘圭之法律事務所 
〒 102-0083 千代田区麹町2-12-13  LYNX麹町7階
電話 03-3288-0112


 初めてご連絡します。
私たちは、2010年9月渋谷区立宮下公園で行われた野宿生活者らの排除に関して、同公園内に居住していた野宿者及び同公園を活動場所としていた複数の団体を原告とし、渋谷区を被告とする国家賠償請求訴訟事件の原告代理人を務めていた弁護士です。上記事件については、2015年3月13日、東京地裁において、公園の全面封鎖が行われた当日、野宿者が渋谷区の職員らが有形力を行使して排除したことについて違法性を認め、公園のネーミングライツ契約などについても地方自治法上の違法性があるなどとする内容の原告勝訴判決があり、同年9月17日、東京高裁は被告渋谷区の控訴を棄却し、地裁判決が確定しています。

1月27日早朝、貴法人の職員らが、多くの警備員を引き連れて、明治公園の3ヶ所の出入り口の封鎖を強行し、貴法人から委託を受けたと思われる業者が、封鎖のための工事、さらに、霞岳広場にある公衆便所および園内の水道と電気を止める作業を行いました。
 明治公園内には数名の野宿生活者が暮らしています。貴法人は、これまでこれらの公園住人に「住んでいる人がいる間は工事をしない」「生活に影響のある工事について事前に説明をする」「話し合いで解決する」と約束してきたと聞いています。しかし、貴法人が委託した業者によって行われた工事は、野宿者の居住区と公衆便所を行き来する通路に、クレーン車で単管を組んだ鉄柵を吊り下げて、工事の強行に反対し話合いを求める住人らと応援有志の頭上をかすめるように設置しようとするなど、きわめて危険なものでした。また、ライフラインの切断は住人らの生死と直結する問題ですが、事前の説明はありませんでした。貴法人の約束は全く反故にされています。

 貴法人が、野宿生活者との話し合いを行わずに、その意思に反して強制退去を行うことは、きわめて重大な人権侵害です。明治公園に暮らす住人たちは、2013年の「東京オリンピック
決定以降、新国立競技場関連工事を理由に、東京都によって、二度の園内移転をしいられてきました。通路の封鎖、ライフラインの切断は、これら野宿生活者を実質的に強制排除するものであり、決して許されません。
 新国立競技場計画そのものがいったん白紙撤回され、着工時期が来年1月に変更になっています。また、同計画をめぐっては前案の盗用疑惑が発覚して、再度の計画変更もありうると報じられています。野宿生活者の居住している明治公園の取壊し工事を、新国立競技場建設に先行して行う必要は全くなく、話し合いを行う時間も十分にあるはずです。

 前述した宮下公園をめぐる判決内容にてらし、工事実施を理由にして野宿生活者を強制力により排除することは違法です。今後、貴法人あるいは貴法人が委託した業者が決してそのような行為を行わないよう、強く求めます。
 また、野宿生活者らから昨日申し入れのあった、@話し合いの再開、A話し合いによる解決がなされるまでの明治公園取り壊し工事の停止、B通行禁止、公衆便所の水道や電気の停止などの措置の即刻停止 C27日に設置した工作物の即時撤去 について、貴法人が責任をもって検討し、受け入れるよう、要請します。

 なお、本件工事の強行、野宿生活者を実質的に排除したことについては、その法的根拠をめぐっても大きな疑義があります。法的根拠に関連する以下の諸点について、3日以内に書面で回答をいただけますようお願いします。
(1)貴法人は、野宿生活者が居住する明治公園内の土地について、いかなる法的権利を有しているのでしょうか。根拠もあわせてお示しください。
(2)1月27日に行われた出入り口の封鎖や公衆便所の水道や電気を止める措置は、東京都の指示によるものですか、それとも貴法人の判断で行われたものですか。東京都の指示によるものであれば、担当部署をお教えください。貴法人の判断で行われたものであれば、そのような措置を行うのは、貴法人の有するいかなる権限に基づくものなのかご説明ください。
(3)1月27日には、野宿生活者の友人や知人等の関係者の、出入り口からの排除が強制力を用いて行われましたが、これは貴法人の有するいかなる権限に基づくものですか。
(4)貴法人は、明治公園内の野宿生活者の存在を事前に認識していましたが、これらの野宿生活者に対して、今後、どのような対処を行っていくつもりなのか。東京都との間ではどのように連携をとっていくお考えですか。
(5)1月27日の工事は「明治公園橋等とりこわし工事」あるいは「下水道撤去工事」どちらに含まれるものでしょうか。あるいは、それとは別の工事に含まれるものなのでしょうか。
(6)貴法人が行うことを予定している、明治公園内の野宿生活者に影響を与えることが想定される工事、具体的には「明治公園橋等とりこわし工事」「下水道撤去工事」あるいはその関連工事について、委託業者名、契約締結日、工事期間、工事内容をそれぞれお示しください。2015年12月21日には、貴法人担当者は「委託業者を交えて改めて工事説明会を行う」旨説明していたようですが、工事説明会は、いつ行う予定ですか。

 ご対応、よろしくお願いいたします。

以上
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


JSCによる1月27日の明治公園封鎖に関する緊急声明

2016/01/29 16:11
オリンピック追い出しヤメロ応援する有志のブログhttp://noolympicevict.wix.com/index#!blog/u1ok7より転載

2016年1月28日

日本スポーツ振興センター理事長 大 東 和 美 様

   JSCによる1月27日の明治公園封鎖に関する緊急声明

1月27日早朝7時20分、日本スポーツ振興センター(JSC)の職員・新国立競技場設置本部運営調整役高崎義孝氏ほか約8名が、大量の警察官及び警備員を引き連れ明治公園の3ヶ所の出入り口(外苑第二球場前、四季の庭からの迂回路(外苑西通り)、明治公園霞岳広場[南東]日本青年館脇歩道)の封鎖を強行しました。さらに霞岳広場にある公衆便所および園内の水道と電気を止めるという暴挙に出ました。3ヶ所の出入り口には27日現在、単管と金網でゲートが設置され24時間体制で警備員が通行を不当に制限している状態です。

明治公園内には数名の野宿生活者が暮らしています。JSCはこれまで明治公園住人に「住んでいる人がいる間は生活に影響のある工事はしない」「工事をする場合はその内容について事前に説明をする」「話し合いで解決する「強制排除はしない」と約束してきました。しかし1月27日東京都が都立公園としての明治公園を「廃止」し、新国立競技場敷地としてJSCへの無償貸付を決定し管理権を移譲した、その一点のみを理由に、生活通路を塞ぎ最低限必要なライフラインを絶つといった暴挙を行ないました。野宿者の居住区と公衆便所を行き来する通路に、あろうことかクレーン車で単管を組んだ鉄柵を吊り下げ、抗議する住人と応援有志の頭上をかすめるように設置しようとするなど、信じ難い光景が繰り広げられました。満身の抗議によりこの通路を分断する柵の設置は中止したものの、多くの監視の目がなければこのように物理的に野宿者をライフラインから分断し閉じ込めるような工事が強行されていたはずです。また、応援に集まった人々を、警備員及び民事不介入を原則とするはずの警察官が、ゲートから暴力的に追い出し、危険な状態を招きました。そして野宿者住人の生活、生存に支障を及ぼすこれらの工事について多少なりとも説明を求める住人と応援する有志に対し、高崎氏は一切の無視を貫き、退去要請を繰り返しました。事態を知った国会議員やジャーナリストが駆けつけるその直前まで国家権力をかさにきた住人への威圧行為が続けられました。

JSCが野宿当事者との話し合いを拒否し、その意志に反して退去要請を行うことは、国際人権規約「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約にある(1)高度の正当化事由(2)真当な協議等の適正手続(3)適切な代替住居の提供という3要件を欠く強制立退きの禁止に反する重大な人権侵害です。なによりも当人の意志を踏みにじりその生存権を侵しています。明治公園に暮らす住人たちは、2013年の東京オリンピック決定以降、新国立競技場関連工事を理由に、東京都によってそれ以前にはなかった不当な退去圧力、二度の園内移転をも強いられてきました。その東京都ですら事実上公園で暮らすことを認めてきたのです。

JSC高崎氏は、新国立競技場基本計画が明らかになった2014年春の時点で現地住人に「新国立着工までみなさんの生活に影響はない」と説明していました。当の新国立競技場計画そのものが白紙撤回、計画変更し、着工時期が2017年1月と1年先に変更になり、かつ新国立計画をめぐって前案の盗用疑惑が発覚し再度の計画変更もありうる以上、明治公園取り壊し工事のみを先行して行う必然性はありません。野宿当事者との話し合いをする時間も十分に残されているはずです。なによりも、オリンピックに間に合わせるという自己都合を優先し、いま現在住んでいる野宿生活者の生存を脅かすような工事を強行することはいかなる理屈に照らしても認められません。

JSCは住人と応援する有志の粘り強い抗議によって午後2時20分の時点で「本日の工事は終了します」と宣言し、引き下がりましたが、1月28日以降も、明治公園=新国立競技場敷地「確保」のための完全封鎖、公衆便所など「工作物の撤去」、樹木伐採など、明治公園取り壊し工事を強行する構えを崩していません。しかし27日時点で、受注業者は明らかにされず、工事工程表など工事着工に必要な掲示も一切なされていない以上、これらはすべて違反工事とみなします。よって、野宿者追い出しを目的にした嫌がらせ行為であると判断せざるをえません。野宿者排除が目的である以上、私たちはこれらの工事を進めさせるわけにはいきません。

よって、JSCに対し、以下4点を緊急に申し入れます。
(1)  明治公園に長く暮らしてきた野宿生活者・応援する有志との話し合いを即刻再開すること。
(2)  話し合いによる解決がなされるまで、明治公園取り壊し工事は停止すること。 
(3)  知人、支援者、近隣野宿生活者を含めた、通行禁止、公衆便所・水場の使用停止など、生存権 を脅かすライフライン破壊をいますぐ止めること。
(4)  台車や自転車の通行の妨げとなる、27日に設置した工作物を即刻撤去すること。

明治公園住人と国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1・11日雇全協反失業総決起集会へ

2016/01/10 01:17
佐藤満夫さん虐殺31ヵ年、山岡強一さん虐殺30ヵ年弾劾・追悼
1・11日雇全協反失業総決起集会

日時:1月11日(月・休)10時
場所:玉姫公園(台東区清川 2-13-18 南千住駅徒歩10分)

集会後に山谷一周デモ、終了後交流会
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12/30(水)山谷越年越冬闘争中の学習会「労働と社会保障、貧者の力能」

2015/12/25 21:38
毎年、山谷越年越冬闘争の中で、学習会を行っていますが、今年は、静岡大学の笹沼弘志さんをゲストにお迎えします。タイトルは「労働と社会保障、貧者の力能」。

わたしたちが野宿・日雇いの仲間たちと取り組んできた山谷の運動現場での、重要な課題の一つである「社会保障」について、笹沼さんと掛け合いの形で議論し深めていければと思っています。

■場所は山谷労働者福祉会館の2F
■時間は、12月30日(水)の午後の時間を使います。上記学習会は1時〜2時。12時から1時までは辺野古をテーマにした学習会があり、そのあとの時間です。

ご関心をお持ちの方、どうぞご参加のよろしくお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる