山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 竪川の風景

<<   作成日時 : 2012/12/02 00:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

代執行前だからと言って感傷的になっているわけではありませんが、この間、1人水場で洗い物をしていて、ふと、ちょうど1年前にこの場所でいも煮会を行ったことを思い出しました。同時に、あれからまだ1年しか経っていないのかと驚き。
わずかな間に、フェンス封鎖、代執行、弾圧、そして二度めの代執行とあまりにめまぐるしく多くのことが起こりすぎた。

1年前の11月に行われたいも煮会の様子が
http://san-ya.at.webry.info/201111/article_19.html
で報告されています。

当時の写真と、今現在の写真をいくつか見比べてみたいと思います。

画像

画像

仲間たちが暮らしていた五之橋下。昨冬、一度目の代執行の際、仲間たちは小屋と暮らしを守るため、工事が完了した多目的広場へ移転を敢行。写真奥に暮らしていた高齢の仲間が一人、移転が遅れ、2月8日の朝強制排除されたのでした。
今この場所は工事が終わったけれど冷たい鋼板の向こう側。階段には代執行手続の書面の数々が掲示されています。

画像

画像

オレンジのバリケードの向こう側に仲間たちが暮らしていました。この通路を毎日たくさんの地域の人々が通勤や通学、散歩などのために行き来していました。工事のためだったはずのバリケードは今、仲間たちと地域住民を分断するための鋼板に姿を変えています。

画像
画像

ここも1年前までは多くの地域住民の往来があった場所。鋼板の向こう側には有料のカヌー・カヤック場や水上アスレチックがありますが、テント村の側からは行くことができません。

画像

画像

いも煮会でたくさんの仲間たちが励ましあい賑わっていた広場。わずか1ヶ月後には代執行手続きが始まり、2ヶ月後に恐ろしい暴力によってフェンスが設置され、こんな風に姿を変えてしまうなんて誰が予想したでしょう。

画像

画像


去年のいも煮会報告は、最後にこのような言葉で締めくくられています。
また来年もここで仲間たちと出会い励ましあうことができますように。
あらゆる公共の場が、多くの仲間の命を支える場としてあり続けますように。


画像
画像


わずか1年の間にあれほどの暴力がくり返されたにも関わらず、今、ここに踏みとどまり、脈々と息づいている仲間たちの暮らし。来週、代執行期間に入ります。江東区は月〜金のいずれかの日に必ず大挙してやってきます。差別や暴力によって、これ以上仲間たちの暮らしが破壊されないために、貧乏人の命や尊厳が踏みにじられることのないように、多くの皆様の結集をお願いします。

行政代執行(野宿者強制排除)を竪川で止めるための報告・準備の集まり【12月2日16時〜】
http://san-ya.at.webry.info/201211/article_22.html
にもぜひ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
竪川の風景 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる