山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 週明け、竪川河川敷公園が危機!

<<   作成日時 : 2012/11/25 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

竪川河川敷公園の野宿者排除に関して、連日お知らせしていますが、特に来週については多くの皆様に現地に駆けつけていただきたく、現在の状況についてご報告いたします。

ご存知のとおり竪川河川敷公園は現在、行政代執行手続きが進められています。
段階としては「弁明機会付与通知」「除却命令」「戒告書」が既に出されており、戒告書の期限も19日に切れていることから、最後の通知である「行政代執行令書」がいつ出されてもおかしくない状況です。

行政代執行そのものは、この令書が出てからでなければ行われる心配はありません。

しかし、江東区は除却命令、戒告書、いずれの文書のときも数十名もの職員と警察官という物々しい態勢で公園を訪れ、数々の暴言・暴力をもって公布していきました。
そして、行政代執行の日がさらに迫ってきた今、以下の危険性が予想されることから来週以降の現地結集を呼びかけます。


<1>仲間たちの移転先テントへの妨害行為

竪川の仲間たちは行政代執行から小屋と暮らしを守るため、現在の「多目的広場」から、行政代執行の対象外である「副提」と呼ばれる場所に引越しを進めています。
ところが、区は除却命令、戒告書、いずれの公布時も、その大勢の人員でこの副提の移転先テントに対してまでも強引に警告書貼付を行っています。
この警告書は行政代執行手続きとは別物で、法的拘束力はありません。
ですが、江東区は次回も大人数でくることは明らかで、その際、機に乗じて法的手続きに依らない強制撤去、
あるいはフェンスで囲い込むなどの暴力的手段でこの移転を妨害してくる可能性があります。

<2>公園封鎖、ロックアウト

2010年9月宮下公園2012年6月美竹公園での渋谷区による行政代執行は、その直前に突然公園をフェンスで封鎖し中で暮らしていた人たちや反対運動を行っていた人たちを排除したうえで行われるという卑劣極まりないものでした。
自治体は違えども、このような前例を見過ごすことはできません。
現に、美竹公園の代執行直前には渋谷区公園課職員が江東区役所に出向いて打ち合わせを行っている記録も存在します。
竪川河川敷公園も1月27日の強制的なフェンス設置を皮切りに、あちこちをフェンスや鋼板で囲まれ野宿者がその中に隔離されたような異様な状態で、江東区が渋谷区のようなロックアウトに踏み切ることも十分にありえます。

これまでの経緯を考えると、これ以外にも江東区はどんな酷い手段を使ってくるかわかりません。ぜひ、多くの皆様の結集をお願いいたします。

◆11月26日(月)〜11月30日(金)…状況によって変更あり。

◆朝8:30 竪川河川敷公園集合 …警戒は終日行いますので「これより早い時間に寄れるよ!」「8:30には間に合わないけど遅れて行けるよ!」「午後の少しの時間だけ顔出せるよ!」という人も大歓迎です。

◆竪川河川敷公園へのアクセス …JR総武線亀戸駅から明治通りを南へ5分または都営新宿線西大島駅から明治通りを北へ10分。高速道路の下に来たら、五の橋という橋があります。銀行側の入り口から公園内に入ってきてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
週明け、竪川河川敷公園が危機! 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる