山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS No-Voxのお客さんとの交流会

<<   作成日時 : 2010/03/05 13:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

No-Voxという団体があるのですが、その関連で来日された方々との交流会が3/3(水曜日)に持たれました。お昼12時〜3時すぎまで、さまざまな運動の情報交換を中心に、活発な討議が行われました。来ていただいた方達、どうもありがとうございました。

画像
奥の方に座っているのが今回来日された方達。


画像
日本語で説明しても、身振り手振りでなんとなく意味が通じてしまう様子。


画像
運動現場の写真を囲んで真剣な討論。



以下、今回来日される方々について。

DAL(ダル)(Droit au Logement) 住宅への権利運動
 フランスでは、約50万人が路上生活を強いられる一方で、全国に約180万戸の空き家が存在する。DALは1990年以降、「すべての人に屋根を」をスローガンに、公営住宅への入居を求める運動を展開しながら、空き家占拠の直接行動、立ち退きを迫られる人への裁判などの支援活動も行っている。今回来日するジャン=バティスト・エローさんは、DALの創設メンバーの一人。

APEIS(アぺイス)(Association pour lemploi linformation et solidarie) 失業者に対する雇用と情報と連帯のためのアソシエーション
 失業者主体の組織として1987年に創設。「もうひとりじゃない」のスローガンに象徴されるように、失業者自身の尊厳を取り戻すことから活動を開始、90年代以降は、DALと連携して、公共空間の占拠闘争に立ち上がる。失業者の現実を、職安占拠、スーパーマーケット占拠といったダイレクトな行動を通して訴えてきた。今回来日するアイシャトゥ・バルデさんは、APEISの中心的な活動家。

FRAPRU(フラプリュ)(Front daction populaire en reamenagement urbain) カナダ・都市開発民衆行動戦線
 1978年にモントリオールで創設されて以来、ケベック州を中心に全国130の住民コミュニティを基盤として、都市計画に住民の意思を反映させ、社会的権利を求め、貧困層向けの公営住宅建設を求める運動を展開してきた。現在はさらに、住民が自主管理する協同組合型のコレクティブ・ハウスを拡げている。今回来日する ヴェロニックさんは、コレクティブ・ハウスを中心に活動している。

さらにフランスからは、2007年にも来日したNO−VOXの中心的活動家アニー・ブールさん、NO−VOX映像担当のギレーヌさんが加わる。
アニーは、CGTの労組活動家を経て、SUDの航空部門やアタック・フランス、DALで活動。パリの銀行通り占拠や、大阪の野宿者強制排除に抗議して日本政府観光局などの占拠行動の先頭に立つなど、一貫した現場活動家である。
 ギレーヌさんは、NO−VOXの闘いを世界に知らしめるべく、多くの映像作成に加わってきた。

 韓国からは、前・全国貧民連合議長のキム・フンヒョンさん。韓国の全国貧民連合は、露天商組合連合が中心に、さらに撤去民(土地占拠者)主体の全国貧民解放撤去民連合が合流して創設された。キムさんは、2009年10月まで議
長を務め、現在は、アフリカなどの露天商との国際連帯組織ストリートネット・インターナショナルの活動に力を入れている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
No-Voxのお客さんとの交流会 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる