今年も夏祭りやりました

8月の3日と4日、今年も夏祭りやりました。
昼11時に会館に集まります。
打ち合わせをやってから、会館から準備したすべての物資を玉姫公園に運び込みます。
暑い熱い中の設営作業。
長机に番線でしばってさん木を立てる。倒れないように控えをとる。ステージは2トンロングのレンタカー。盆踊りのやぐらはローリングタワーで。すずらん線に電球をつけて張る。高く高く、はしごを登って。檻で閉鎖され、廃墟となった公園を照らすために!
全く日陰のない玉姫公園の檻の中。汗だく。でも楽しい。少数じゃ無理。みんなの協力がうれしい。夜通しカン集めをして、設営に来てくれてる野宿の仲間もいます。毎日現場で働きながら、きょうは休みで来てくれてる日雇の仲間もいます。90近い年齢で番線しばりに来てくれてる野宿の仲間もいます。テント芝居の人たちも来てくれました。汗水たらして作った野菜を持ってきてくれた人も。こういう仲間たちがいることが我々の確信です。

祭壇も作られました。
運動と関わりの強かった仲間の写真が掲げられています。
忘れられず、また忘れてはならない仲間たちではあるけれど、ここに写真のない仲間たちがより強く思い出される場でもあります。写真を残すことない仲間がほとんどだからです。

祭壇.JPG

3時から4時半まで、アルミ缶交換。一人10キロまでのアルミ缶の買取と一人3枚までの屋台券との交換をします。黙々とカンをつぶして袋詰め。足痛い。みんな、これを毎日やってるんだなあ。(なぜアルミ缶なのかは昨年の夏祭り報告「山谷夏祭りとアルミ缶」https://san-ya.at.webry.info/201812/article_1.htmlをご覧ください。)

DSC_1457_061.JPG

4時半共同炊事。貧乏人の祭りだから、まず全員で腹ごしらえ。約200人。

DSC_1575_169.JPGDSC_1673_263.JPG

それからウーロンハイと麦茶でカンパイ。祭りスタート。11の屋台が並ぶ。渋谷の野宿者運動や山谷のお坊さん、沖縄高江に連帯する人たちなど、山谷に思いを寄せる人たちがそれぞれ屋台を出してくれました。販売価格はすべて50円。金に余裕のある人しか買えない屋台はいらないから。

DSC_1907_482.JPGDSC_1875_454.JPGDSC_1982_557.JPG

トラックの荷台をステージに音楽が始まります。ステージの前にはアルミ缶の山。

L1060418.jpg

最後に盆踊り。踊る人は少なくてしらけムード。でも盆踊りにこだわってた労働者がいたなあ(もう死んじゃったけど)なんて思いながら、一応踊る盆踊り。

これを2日間やって、2日目の終了後夜8時から撤収作業。暗闇の中、全てを解体して公園から搬出します。すごい作業量をみんなでがんばります。でもこういう時頑張るのが好きなのが山谷労働者(笑)。労を厭わない。ヘトヘトだけどよかったなと思います。
夏祭りがなにかの結節点として機能したらいいなと願ってます。
最後に、山谷夏祭りへのたくさんのご協力、本当にありがとうございました!

※山谷夏祭りは撮影禁止です。この写真は夏祭り実行委の記録係が撮影し、実行委がプライバシーの侵害がないように責任を持って管理しているものです。