野宿者・失業者・日雇い労働者メーデーのよびかけ:5月1日集会、5月3日デモ

10日あぶれるのはけっこうキツイ
 今年も連休がやってきた。10連休ということらしいが、日雇いや日給月給の人間には、10連休はきつい。そのぶんの収入がなくなるわけだから。一月の3分の1収入が減る。世間一般の、連休に旅行に行っちゃうような人たち、月給とりの人たちとは連休の意味が違うんだ。この連休に、俺たちは2つの企画をやる。一つは釜ヶ崎の野宿者・日雇いの仲間に連帯するメーデー集会、一つは渋谷でのデモだ。ぜひ参加を!
画像

5月1日(水)釜ヶ崎の報告集会
 釜ヶ崎では、いま、大変なことが起こっている。舞台は、釜ヶ崎にあるセンター。これは、山谷にある城北労働センターの釜ヶ崎版みたいなものだが、バカでかい!とにかくその敷地だけでも山谷のセンターの10倍ぐらいはある印象だ。そこには日雇い職安が入ってたり、病院があったり、上の方は市営住宅になってたりするわけだが、日雇いの仲間・野宿の仲間にとって重要なのは、その1階が朝、業者が車で乗り付けて、労働者を募集する、日雇い労働市場になっているということ。それから、そのバカでかい敷地の中や周辺で体を休める仲間が大勢いるということ。
 ところが、このセンターを建て替えるという話が出て、3月31日にセンターや職安の機能はオシマイになると言われた。新しいセンターはすぐ近くに出来たけど、とても小さくて、旧センターとは比べ物にならない。それで、31日の夕方、旧センターのシャッターが閉まるのをヤメさせようと仲間が集まった。役人の連中がやってくるにはやってきたが、なにも出来ずに帰ってしまい、その後約20日くらい、センターのシャッターは開いたまま。100人前後の仲間がそこで暮らすという素晴らしい展開になってしまった!
 だが、いいことは長くは続かないということなのか、4月24日にはケーサツや役人が何百人とやってきて、暴力で中で暮らす人を排除してシャッターを閉めてしまった。だが、今もセンターの周りには野宿し暮らす仲間のダンボール小屋がびっしりとはりついている。この、釜ヶ崎で起こっている10年に一度の大事件のことを、報告する集会を持ちます。メシも出るので顔出してくれ。
5月3日(金):渋谷のデモ
 3日には、渋谷でデモをやる。渋谷は、宮下公園がつぶされて、ホテルやショッピングモールが建設中。宮下公園はなんとビルの屋上になるのだという。宮下公園から追い出された仲間は、いま渋谷区役所の仮庁舎がある美竹公園のあたりで寝泊まりしている人も多い。だがその仮庁舎が、この6月に取り壊される予定だとのこと。宮下公園につづき美竹公園や仮庁舎も再開発の対象になりそうな勢いだ。緊迫した状況の中、元気にがんばってる渋谷の仲間を応援に行こう!3日のデモへ結集を!

連絡先:2019年野宿者・失業者・日雇い労働者メーデー実行委員会
住所:台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
メール:sanya@riseup.net