霞が関の国交省に行ってきました。

画像荒川河川敷での追い出し工事について、国交省の職員と話合いを行いました。河川敷の工事を管轄する荒川下流河川事務所は、「野宿者追い出しのための工事である」と私たちに何度も言明しているのに、国交省本省には「自然再生工事です」と言っていることが判明。荒川をよくする墨田区民会議の議事録などを示して、工事のこれまでの経緯や問題点について、一時間ほど話合いを行いました。
さすがに本省の職員は、野宿の仲間のことを「不法居住者」と呼ばないところは、荒川下流河川事務所とは違っています。現場で無茶苦茶をやっている河川事務所にストップをかけるよう、強く要請。その上でいくつか質問を伝え、来週にその回答をもらうことになっています。どのような答えがかえってくるのか、気になるところ。
写真は、話合いの前の霞が関一周デモ。参加された方、寒いなかどうもお疲れさまでした。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック