山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 12.13竪川カフェのご案内

<<   作成日時 : 2014/12/06 16:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 次回の竪川カフェは、12月13日(土)午後2:30〜です。ゲストに隅田川近くの小学校で教員をされている方をお迎えして、お話をしていただきます。ぜひご参加ください。

【竪川カフェのご案内】
日時: 12月13日(土)
14:30〜16:00
場所: 竪川河川敷公園五の橋脇スペースにて。JR亀戸駅より徒歩5分です。
都営新宿線西大島駅からも近いです。
地図↓
https://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&msid=214080799066119087090.0004a8fb22451f172e042

 次回の竪川カフェは、ゲストに隅田川近くの小学校で教員をされている方をお
迎えして、お話をしていただきます。その小学校は、貧しい家庭が多くある地域にあります。もちろん、貧しさを全ての原因とし、それを尺度に物事をみるのは、レッテル貼りであり、差別と偏見を助長することにしかならないでしょう。しかし現実には、家庭の経済状態が子供たちの生活に大きな影響を与えていま
す。

 今回ゲストで来ていただく方は、教員としての仕事をとおし、大きな困難をか
かえながらの生活を送る子供たちと向き合い支えつつ、地域ともつながる取り組みを続けてこられました。そして、この秋からはごく小規模な形ではあります
が、民間の草の根レベルでの子供たちへの学習支援の取り組みがはじまっていま
す。

今回の竪川カフェでは、
●地域の特性とその中で子供たちが置かれている状況
●そこでの教育の実践
●この秋からの学習支援の取り組み
についてお話ししていただきます。

 竪川カフェは、野宿者運動の只中に生まれました。大都市の繁華街、もっともに
ぎわう駅頭、高層ビルの軒下に、身一つで体を横たえる人々の姿は、「格差」というような言葉ではくくれない強い印象を与えます。また、やはり大都市の中に作られた日雇い労働者の町:寄せ場の存在。今回のお話の背景にあるのも、貧富の差が都市に落とす大きな影です。しかし、貧しいとされる地域が絶望や諦念
で覆い尽くされていると考えるのは間違っています。そこには、人々や子供たち
の生き生きとした暮らしがあります。私たちが教師の方々と出会い、お話をうかがう中で感じたのは、あざやかに浮かび上がる「階級都市」としての東京の姿でした。カフェでお話をうかがい、これらのことについてお話ができればと考えて
います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
12.13竪川カフェのご案内 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる