山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫小屋をつぶさないで!FAXのお願い

<<   作成日時 : 2013/03/10 03:21   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

野宿者追い出しが行われている江東区ですが、追い出されているのは人間だけではありません。人と暮らしてきた猫たちもまた、住む場所を失おうとしています。

猫と暮らしている野宿の仲間は少なくありません。大体の場合捨てられた猫を見かねて世話をしています。江東区のとある公園でも一人の野宿者が猫と暮らしていました。子猫の頃からその小屋を住まいとしてきた猫が2匹と、人間一人の暮らしです。ところが、区役所による追い出しが厳しくなり、野宿の仲間はそこから出ていかざるを得なくなりました。区が準備する施設・アパート事業(追い出しの受け皿としての性格が強いのですが)に入れば、猫とは一緒に暮らせません。結果として残された2匹の猫を、半年くらい世話してきたのは、近くで暮らす野宿の仲間と近隣住民の方達です。小屋は役所がつぶしてしまったので、ささやかな猫小屋を作りました。

ところが、3月に入って、写真のような警告が、猫の小屋を囲うバリケードに貼られました。「15日までに撤去しない場合には、不要な物として処分します。」と書かれています。名義は江東区水辺と緑の課。 猫から飼い主を奪うだけでなく、命をつなぐことすら許さないということでしょうか。また、所有者の同意なしに一方的に撤去を行うことは、違法な行為でもあります。住み慣れた場所で猫が生きていくことができるよう、江東区に違法な撤去をやめさせようと、猫の世話をしてきた人達が、今がんばっています。少しでも、その力になるよう、FAXを送っていただけませんか。 宛先は江東区水辺と緑の課、FAX番号は03-3647-9287です。どうぞよろしくお願いします。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
猫小屋をつぶさないで!FAXのお願い 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる