山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【厳冬期、野宿する仲間に毛布を手渡そう】錦糸町・上野毛布パトロールへのご参加をよろしくお願いします。

<<   作成日時 : 2013/03/20 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

【厳冬期、野宿する仲間に毛布を手渡そう】
錦糸町・上野毛布パトロールへのご参加をよろしくお願いします。


9回目:3/21(木曜)夜8時半 京成上野駅改札を出たところ集合→周辺地域をまわります
錦糸町方面は、いったん7:45に竪川河川敷公園に集合して打ち合わせの後にまわります。



画像


 寒い日が続いています。一年で最も寒さが厳しいこの季節も、野宿の人々は、公園や道路、河川敷で毎日の生活をおくっています。多くの人が、ダンボール一枚で風をしのぎ、毛布にくるまって横になって夜をすごしています。私たちは、この冬のはじまり以来、物資カンパとして寄せていただいた毛布を必要とする人々に配ってきました。そして、最も寒さが厳しくなるこれからの季節、上野と錦糸町の2ヶ所を中心に、野宿する人々に毛布を手渡し凍死を防ぐ取り組みを、3月末まで行うことになりました。多くの方々のご参加を呼びかけたいと思います。

 上野と錦糸町の周辺は、東京東部地域において、野宿になって比較的日が浅い人々が多く寝泊まりしている場所です。小屋を持たず、ダンボール一枚で寝ている人々が多い地域でもあります。山谷などの寄せ場(日雇い労働者の街)を経由せずに路上に行き着く人々が多いのも特徴です。寒さが厳しい1月〜2月にかけてのこの季節は、野宿する人々は、日々凍死の危険にさらされながら暮らしています。実際に命を落とす人も残念ながら多くいます。一枚の毛布が、文字通り人々の命を凍死から守ることになります。毛布を届けつつ、挨拶をし、体調や(役所やガードマンなどによる)追い出し、野宿者襲撃などの情報交換もしていきたいと思っています。

 この毛布配りは、竪川で野宿する仲間たちの寄り合い(会議)で提起されました。江東区にある竪川河川敷公園では、江東区により野宿の小屋に対する強制排除が繰り返される中、追い出しに対して踏みとどまって頑張っている仲間たちが暮らしています。竪川の仲間たち(その住まいはささやかなテントやブルーシートの小屋です)が、一番気にしているのが、小屋を持たずに野宿する仲間たちのことです。この寒さの中で、最も厳しい状況に置かれている上野や錦糸町の仲間たちに毛布を届けたい、という思いを形にしたいと考えています。多くの方々のご参加を重ねて呼びかけさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

厳冬期錦糸町・上野毛布パトロール実行委員会
山谷労働者福祉会館活動委員会
2012-2013山谷越年越冬闘争実行委員会

連絡先:山谷労働者福祉会館
〒111-0021 台東区日本堤1-25-11
03-3876-7073

錦糸町・上野毛布パトロールに参加したした人からの感想文などです。
感想文@(Yさん) http://p.tl/ILF6  
感想文A(Y.K.さん) http://p.tl/hnwK  
夜回りの中での聞き書き http://p.tl/wnqk  
どうぞお読み下さい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
【厳冬期、野宿する仲間に毛布を手渡そう】錦糸町・上野毛布パトロールへのご参加をよろしくお願いします。 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる