山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東区宛に質問を出しました(昨年末です)

<<   作成日時 : 2013/01/04 19:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年12月26日

江東区長 山ア孝明殿

1. 2012年12月3日ころから、竪川河川敷公園A工区が閉園とされた。この閉園の理由は点検・保守のためということであったがどこをどういう点検をし、どのような保守をしたのか?
2. 2012年12月半ばから、護岸の上にフェンスを設置され、副堤の植栽を囲んだのはなぜか?
3. 2012年11月22日付けで、副堤の一部が公園に編入されているが、その理由は?
4. 多目的広場と健康広場にB張り(工事用フェンス)が張られ閉鎖されているのはなぜか?
5. 竪川河川敷公園のA工区の水場の水を止めたさい、「公園を閉鎖していて水を使わないから」と理由を説明していたが、公園が開放されたのに水場がいまだに使えないのはなぜか?
6. 江東区の貧しい人を対象とした越年・越冬対策とはどのようなものか?
7. 野宿の人が生活保護の窓口に行ったときの対応は、本人が希望すれば居宅保護を適用するのか?
8. 人権推進課がこちらが要望した竪川河川敷公園に現場視察に来ない理由は?
9. 「警告書」添付の根拠は河川法と特別区における東京都の事務処理に関する条例とあるが、それぞれの何条何項か?
10. 竪川河川敷公園の五の橋〜亀島橋間が10時〜16時以外は閉鎖されているのはなぜか?
11. 2012年11月5日、大野工事係長から「五渡亭園は鯉が盗まれる恐れがあるということで10時〜16時以外は閉鎖されている」という説明があった。五渡亭園の開園時間が10時〜16時の理由はこれで間違いないか?また、五の橋〜亀島橋間には鯉はいないのに、なぜ開園時間が10時〜16時に制限されているのか?
12. 2012年2月9日付け毎日新聞朝刊に載った記事(別紙参照)には「2月8日の代執行の際、代執行対象物件に住んでいた男性を区が病院に入院させ、退院後は生活保護申請と区が提供する無料アパートへの入居を勧める」と書いてあるが、実際にはこの男性は2月8日当日、区職員との面接中に病院を出て路上に放置されていた。そこを仲間に見つけ出され、2月8日当日には、竪川河川敷公園に戻ってきた。事実と異なることが新聞に載ったのはなぜか?
13. 2012年内に、新聞に「今、A工区に住んでいる野宿者は5名」という内容の記事が複数回載っている。江東区役所は、A工区に住んでいる野宿者の数について新聞などにどのように説明しているのか?また、その根拠を示して欲しい。
14. 2012年10月26日にこちらが出した公開質問状の回答が、12月21日にあった。なぜこんなに遅くなったのか?
15. 前述の質問状について、11月7日に高垣課長は「回答はしない」と発言した。また、12月6日、大野係長も「回答はしない」と発言した。それが今回、回答を出すことになった経緯を教えてほしい。
16. 公開質問状への回答の1番めは、「河川法と特別区における東京都の事務処理の特例に関する条例」となっているが、それぞれの法律・条例の何条何項に基づくのか、明らかにしてほしい。
17. 公開質問状への回答の2番めに「従前より副堤上に存在する民間工作物に対しては、以前から継続して是正指導を行っている。」とあるが、是正指導の具体的な内容を明らかにしてほしい。
18. 区報(2012年2月11日付け)に載っている差別を助長する文章について謝罪し、訂正文を出しさらに閲覧不可能にしてほしい。HPに載っている差別を助長する文章(PDFファイル:竪川河川敷公園についての申し入れ書に対する区の回答書)は至急削除し、謝罪し、訂正文を出してほしい
19. 竪川河川敷公園の人道橋〜亀島橋間に貼ってあるいくつかの看板に「この公園の開園時間は次のとおりです・10:00〜16:00…」と書いてある。竪川河川敷公園全体の開園時間が10:00〜16:00だけのように読めるが、実際には開園時間が制限されているのは人道橋〜亀島橋間だけであり、誤解を招くので訂正してほしい
20. 小屋へと至る通路には、狭い、明かりがなく、夜暗い、階段が急、大きな段差がある、単管パイプが足元に設置されている、地面がぬかるんでいるなどさまざまな問題があり、とても危険です。改善してほしい。
21. 2012年12月7日、大野係長が鋼板で囲まれた野宿の小屋から公園の外へ出る通路が狭いことについて「人が通れるから問題ない」と発言した。しかし通路は明らかに車椅子の人が通れない。また、救急車のストレッチャー(担架)も通ることができない。そのほかにもさまざまな理由であの通路を通ることができない人がいる。にもかかわらず、問題ないという認識なのか?
22. 2012年12月5日に小屋を囲んで鋼板を設置した理由は何か?
23. 2012年度、江東区において生活保護を申請した人のうち、野宿生活者と思われる人が何人いるか?それらの人々はどのような処遇を受けたのか?
24. そのうち、無料定額宿泊所に入ったのは何人か?
25. 仁平係長が「土木部の事業はすべて人権に配慮している」と発言した。これに関して、12月3日に竪川河川敷公園A工区の水を止めた事について、どのような形で人権に配慮したのか?水を止めるにあたり、事前に説明が行われることすらなかったが人権は配慮されたのか?この件について、実際に人権を侵害していないか調査を行っているか?
26. 前述の仁平係長の「土木部の事業はすべて人権に配慮している」という発言について、12月5日に行われた鋼板設置工事は、どのような形で人権に配慮して行われたのか?この工事の事前に説明が行われていない。また当日私たちは何度も工事の目的や内容について説明を求めたが、一切の説明は行われなかった。この工事は人権に配慮されて行われたのか?この件について、実際に人権を侵害していないか調査を行っているか?
27. 2012年12月5日以来、大東京信用金庫横の竪川河川敷公園に入るゲートが閉鎖されたままなのはなぜか?
28. 五の橋脇の公衆トイレの工事が止まっているのはなぜか?
29. 五の橋脇の公衆トイレ前の歩道に落ち葉やゴミがたまっているが、だれが清掃を行っているのか?
30. 竪川河川敷公園の人道橋〜亀島橋間が12月22日だけ再び閉鎖されたのはなぜか?
31. 公園に住むことが都市公園法に違反している恐れがあるということが行政代執行を行った理由だそうですが、憲法、国際人権規約が保証している生存権、居住権より都市公園法が優先される根拠はなにか?都市公園法より憲法および日本が批准している条約である国際人権規約のほうが上位にあり優先されるのではないか?
32. 五渡亭園の池に放たれた500匹を超える鯉のうち、今も生きているのは100匹程度という話を聞いた。放たれた鯉の数と、今生きている鯉の数を教えてほしい。また、もし半年もたたないうちに400匹以上もの鯉が死んだのであれば、明らかな管理ミスであるが、池の工事および鯉の飼育の管理の責任部署を教えてほしい。また、それぞれの部署は鯉の大量死についてどのように考えているのか。
33. 2012年12月はじめ、林危機管理課長は、「江東区役所には水の備蓄はない」と発言した。しかし、情報公開によると、江東区庁舎には5000本を超える水がある。虚偽の発言があったことは明らかであるが、この発言が行われた経緯を明らかにせよ。また、虚偽の発言を行った林氏の責任をどう考えるか。


竪川河川敷公園で野宿し暮らす住人
山谷労働者福祉会館活動委
山谷争議団、反失実

【連絡先】〒111-0021 東京都台東区日本堤 1-25-11
山谷労働者福祉会館
電話・FAX:03-3876-7073

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
江東区宛に質問を出しました(昨年末です) 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる