山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月22日に亀戸でデモ+交流会やります

<<   作成日時 : 2012/12/12 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

デモ呼びかけビラpdfファイル

12月5日の鋼板設置から今日で1週間。
仲間たちの隔離された暮らしは続いております。

そういった状況を跳ね返すべく亀戸でデモします。
その後、当日の様子の映像を見たり、いろいろ話したりする交流会もやります。
以下の拡散お願いします。


竪川での野宿者を差別し隔離するアパルトヘイトを許さないデモ

12/22(土) 文泉公園(JR亀戸駅北口徒歩3分)集合
地図:http://www.ikimap.com/map/wen-quan-gong-yuan 
15時〜 集会 15時半〜 デモ出発 デモ終了後、竪川河川敷公園にて交流会

主催;竪川で野宿し暮らす住人/山谷労働者福祉会館活動委員会/山谷争議団・反失実
【連絡先】
東京都台東区日本堤1─25─11 山谷労働者福祉会館
03-3876-7073(FAX兼) san-ya@sanpal.co.jp
http://san-ya.at.webry.info/

12月初旬、竪川河川敷公園で暮らすわたしたちの小屋を、江東区が2月に続き2度目の行政代執行という手続きで撤去しようとしました。それを受けて公園に暮らす私たちは、代執行を避けるために公園に隣接しているが行政代執行予定地の外になる副堤と呼ばれる場所に一軒残らず引越しをしました。
対象物件が残っていないために江東区は代執行そのものは出来ないはずでした。しかし、代執行期間中の12月5日、区の職員、警備員、工事業者合わせて200人にものぼる人員を動員して 引っ越し先の副堤一帯を代執行とは無関係にフェンスで取り囲んでしまいました。
それでも工事当日、私たちの呼びかけに応えて100人近い人が竪川に駆けつけてくださったおかげで、強制排除をやらせず、人が暮らしていくための範囲をフェンス内に確保できました。みなさまに感謝申し上げます。

現在、小屋に行くには一番狭いところでは36センチしかない通路を通るしかなく、車椅子の人やタンカは通れません。
さらには凸凹で段差も多く急な階段もあり、とても危険です。
また、12月3日夜から水は止められたままであり、さ らにフェンス内には水場がありません。外から危険な通路を通って運んでくるしかありません。
区役所はいまの状態でも人権上問題ないといいはり、人権課や教育委員会も対応を放棄しています。
これらの江東区の所業はまさしく嫌なら出ていけという追い出しのためのいやがらせであり、公園に住む人の人権を一切無視しているという他ありません。

これからも江東区による野宿者排除の姿勢を改めさせるために粘り強い闘いが続きます。
今回のデモと交流会にぜひお集まりください。交流会からの参加も歓迎です。

副堤とは
もともと竪川沿いに避難経路として作られたが竪川が暗渠化され、堤防としての役割を早くに終えている。多くは都有地であるが、隣接地の住民が物置を置いたり、 有料駐車場の一部に組み込むなど使用してい るが、行政は何十年間も黙認してきた。その一方でもっとも生存に関わ る小屋は強制的に撤去しようとしている。
江東区の弱いものに対して牙を向ける醜悪で矛盾した姿勢がはっきりと現れる一帯である

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
12月22日に亀戸でデモ+交流会やります 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる