山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東区教育委員会「竪川についての全ての問題は、水辺と緑の課が窓口ですので。」

<<   作成日時 : 2012/12/12 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


12月11日も江東区役所に行ってきました。竪川では依然として水が止められていて、2mの鋼板で隔離とじこめられている状態が続いています。野宿する仲間たちの生存が危機にさらされているこのような状況を一刻も早く変えなくては、という思いがありますが、この日は教育委員会に、頻発する少年たちによる野宿者襲撃事件について相談に行きました。

ところが、教育委員会の職員の方は「窓口は水辺と緑の課なので、高垣が同席する」と言ってききません。しかしこれまで水辺と緑の課が襲撃問題についてどのような対応をしてきたかを思い返すと、私たちとしては水辺と緑の課の人間が同席する場での相談は非常に厳しいものがあります。

「なぜ水辺と緑の課が同席するのか?教育問題と関係ない部署でしょ」と問うても、「窓口に決まっているから」。「教育問題についての窓口が水辺と緑の課になることについての疑義は?」との問いに対しても「それは区としての対応ですから。」「その事について具体的に答える必要はない」とのことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
江東区教育委員会「竪川についての全ての問題は、水辺と緑の課が窓口ですので。」 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる