山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS フランスで、竪川などでの排除に抗議しての日本文化会館占拠!

<<   作成日時 : 2012/09/27 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

9月26日、フランスで、竪川などでの排除に抗議して日本文化会館を占拠する行動が行なわれました。活動に取り組まれたフランスの仲間たちに感謝です。以下、現地からの報告です。

画像9月26日に、パリの社会運動団体DAL(住宅への権利運動)が、竪川と渋谷の地下駐、美竹公園、宮下公園からの野宿者の排除と、活動家に対する弾圧に抗議して、パリ日本文化会館を占拠しました。過去にも大阪での靫公園、長居公園からの野宿者の排除に抗議して、DALはパリ日本文化会館や大阪市パリ経済部、世界陸上連盟事務所の占拠、日本大使館に対する申し入れ行動などを行ってきました。DALの活動家は2010年3月に渋谷のちかちゅうの抗議行動に参加し、当面は夜間閉鎖しないという約束を区役所からとりつけた場面にもいました。美竹公園での炊き出しや野営にも参加し、宮下公園では集会も行いました。そのため、ここ数ヶ月の東京での野宿者排除の状況に対して、現場にかけつけることができないので、パリから抗議行動をしたいという発案があり、実現しました。

パリ日本文化会館は国際交流基金が運営しており、日本とフランスの交流活動を目的にしていることと、弾圧問題ではデモを弾圧することは表現の自由に対する弾圧であり、表現の自由が揺るぎない市民の権利として保障されているフランスに拠点をおく日本の機関として、日本と交流をもつ社会運動団体が、日本政府が人権や表現の自由を保障しないこと対して抗議するにあたって支援してほしい、という意味での占拠でした。

画像参加した50人ぐらいのDALのホームレス家族の当事者たちが、「日本の持たざる者と連帯!」というスローガンを会館内で連呼し、これまでにも日本の活動家がフランスにいったときには、交流して日本の状況についての映像もみていたので、日本のように豊かな国がどうして少しの富もわかちあえないのか、と皆憤っていました。自分たちも毎日、子どもを連れてその日眠る場所を探すために奔走しているので、安心して帰ることができる場所がないつらさを日々自分のものとして経験しているので、日本の野宿者たちが、他に行き場がないがゆえに公園に寝泊まりしているのに、そこから排除されることは、人ごととは思えないし、自分たちも市役所での抗議行動や直談判は日常的にやっていて、ときに全員警察署につれていかれて勾留されることもあるので(数時間で解放されますが)、生きるための場所を要求する抗議行動が犯罪であるかのように警察が取り締まることへの怒りも人ごとではなく実感しているので、日本の野宿者と連帯行動をするということについては、積極的に参加してくれました。

DALの当事者の女性たちはバギーで子どもを連れての参加なので、バリアフルなパリの地下鉄はエレベーターやエスカレーターがない階段だけの移動がとても多くて大変な上に、直接彼女たちの住宅問題を解決するわけではない日本の問題への連帯行動であっても、そういうわけで大勢が参加してくれました。

パリ日本文化会館の副館長の対応で、日本とフランスの交流が目的であることも、表現の自由がフランスでは尊重されていることも認めた上で、大使館にとりつぐと約束しました。

画像3枚目の写真は、請求権付き住宅権にしたがって公営住宅の供給を行うことを県庁前で要請したもので、その足で日本文化会館に向かいました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
フランスで、竪川などでの排除に抗議しての日本文化会館占拠! 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる