山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 弾圧に反対し人権を守る情報センターの声明です

<<   作成日時 : 2012/03/02 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

弾圧に反対し人権を守る情報センターから、行政代執行と不当逮捕に抗議する声明が出ています。ご紹介します。

****

弾圧に反対し人権を守る情報センター声明
江東区竪川河川敷公園における行政代執行と不当逮捕に抗議する


去る2月8日、江東区竪川河川敷公園で強行された行政代執行=野宿労働者の強制排除に関し、翌9日、話し合いを求め江東区役所に赴いた人々のうち1名が器物損壊の現行犯で逮捕され、現在も拘束されている。私たちは、竪川河川敷で長年自力で生きてきた人々の尊厳を一方的に奪い踏みにじった江東区による行政代執行に断固抗議する。話し合いを一切拒否された上、生活基盤であり命綱でもあるテントを一瞬にして破壊された住人は、「保護」と称して強制的に連れ去られ、この寒空の下高齢にもかかわらず遠く港区の路上で発見されたという。こうした殺人まがいの行為をみずから行なって恥じない行政の、その暴挙のすべてを目の当たりにした人々による正当な抗議の機会もまた、大勢の警備員をあらかじめ動員しての暴力的排除、逮捕という形で奪われた。江東区土木部水辺と緑の課、警備会社の警備員、警察の三位一体による凄まじい恫喝と暴行を決して許してはならない。こうした一連の行政による暴力的口封じを常態化させてはならない。これはまぎれもなく不当弾圧である。

逮捕された当該は現在原宿署に拘束されているが、身体検査及び指紋採取の際に抗議したことで保護房に数日間監禁されている。警察権力の横暴を許す留置場=代用監獄での長期勾留それ自体が国際人権(自由権)規約委員会から二度の廃止勧告を受けている日本にのみ現存する人権侵害システムである。被疑者に身体検査に応じる義務はなく抗議することは極めて正当であり、それを理由に保護房に閉じ込め筆記具や布団すら与えないといった度を超えた虐待が行なわれたことを決して見過ごしにすべきではない。その上容疑事実と直接関係のない取調べ、現行犯逮捕にもかかわらず強行された自宅等への捜索など、警察・検察による人権侵害が行なわれつづけていることは、これがみせしめ的弾圧であることをより雄弁に物語っている。私たち弾圧に反対し人権を守る情報センターは、こうした江東区、警視庁による一連の人権侵害に抗議し、被逮捕者の早期釈放を強く要求する。

2012年2月23日

****

弾圧に反対し人権を守る情報センター
http://handanatsu.tumblr.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
弾圧に反対し人権を守る情報センターの声明です 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる