山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 【報告】国交省小名木川出張所抗議行動〜27(木)現地団交を約束させたぞ!

<<   作成日時 : 2011/10/24 19:59   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

荒川河川敷堀切橋下流で野宿する仲間たちに対し、工事を名目とした追い出し追い出し目的の工事を行おうとしている国交省荒川下流河川事務所に、本日抗議行動を行いました。

今日の行動には、同じく今、江東区による追い出しと闘っている竪川の仲間、寝場所・炊き出し場所である東京都児童館からの追い出しと闘っている渋谷の仲間などなどたくさんの人が応援に来てくれました!

画像

画像

画像


結果からお伝えすると、所長はついに今週木曜日10月27日に現地での話し合いを行うと約束しました!
そこには、このかん「少人数での事前協議」などと理不尽な条件をつけて話し合いを拒んできた、上部機関である荒川下流河川事務所職員も同席させるとのこと。

当事者の毅然とした粘りと、幅広い応援の輪による大きな成果です!

しかし、話がここまでたどり着くまでの間には、国交省小名木川出張所長による野宿者を蔑視した数々の問題発言がありました。

■工事の目的について
・10年以上に渡って、地域住民から要望があがっている。
・あれだけ(小屋が)密集していると、周りの住民は入っていけない。
ホームレスが危険だ、怖いという(住民の)声を聴いている。
・ゴミなどがちらかっているのも、不快に思われている。


■その声というのは野宿者に対する差別や偏見、無知、無理解に満ちた内容で、行政がそれを真に受けて公共事業をするというのはおかしいのでは?
ある種の差別かも知れませんが、住民も気兼ねなく自然の中に入ってゆきたいと考えているのではないか(小屋が密集しているので、怖くて歩けないだろうということか)。

■そういう声に対してあなたはどう答えているのですか?
・一度、きれいにする必要はある。
河川管理者として、出て行ってくれというのは、法律上当然。


■ではあなた自身はそういう差別的な要求についてどう思うのですか?
・普通の人は、野宿の人と話をしないから分からないが、私は(所長)、個々に話してみると、そんなに悪い人はいないなとは思う(では、住民一般が、「ホームレスは悪い人」と考えるのは当たり前ということか。
差別、排斥むきだしの住民感情も当然という本音がちらちら。)

■退去通告と排除の正当化について
・公有地である以上、勝手に家は建てられない。退去を求めるのは当然。
もし、これを許容したら、河川敷中、家だらけになってしまう。家だらけになる前に、出てってくださいということです。
・みんなの土地に勝手に家を建てるのは法律上問題。
住むのであれば、堤防の内側で、洪水の危険がなく、野宿ではなく、所有権を持って住める場所に住んで下さい。


■台風のときの対応について(「お知らせ」だけをされても、避難先を示されなければ、暴風雨の中、路頭に迷うことになりさらに危険だ、と指摘すると・・・・)
住んではいけないところに住んでいるわけだから、(台風などの避難も)自分で何とかするということでしょう。もちろん避難勧告はしますよ。
・あそこに小屋を無制限に建てられると、(洪水のときに)橋梁に小屋がひっかっかったらどう責任をとるつもりなのか?
(これが本音か?人の命よりも、管轄である橋梁のほうが問題だ。流されて死ぬのは構わないが、橋に引っかからないでくれということか?)

■福祉の問題意識について。福祉に行けという一方で・・・
あそこで小屋を建てている人の中には、福祉を進めても嫌だと言って住んでいる人もいる。
(では福祉の実態を知っているのか?)
それは墨田福祉の方にお任せしていますので・・・・
「たまゆら」の事件をどう考えているのか?)
それは墨田福祉の方にお任せしていますので・・・・
(今、野宿者が生活保護を申請にいくとどういう対応されるか知っているのか?)
「江東寮」に行くんですよね?
(それは自立支援事業の施設で、生活保護とは直接関係ない。そんなことも知らないのか?)
それは福祉の方に言って下さい・・・・
(では、江東寮はどんなところなのか知っているのか?)
それは福祉の方に言って下さい・・・・
(水曜日に国交省が連れ去った高齢の仲間がどこに行ったか把握しているのか?)
それは墨田福祉の方にお任せしていますので・・・・
(前日会ったときには施設には入りたくないと言っていたし、過去何度も帰ってきているが?)
それは墨田福祉の方にお任せしていますので・・・・
(あなたたちが排除の圧力をかけたために意に反してやむなく福祉にいくことにしたのでは?)
そこはご本人との信頼関係で・・・・
(信頼できるわけねーだろ)

■日雇い労働者のおかれた現状に対する問題意識について。
(追い出しの結果、小屋が奪われれば居住がさらに不安定になる。そこにつけこみ、声をかけてくる悪質な飯場も多い。そんな飯場では賃金不払いや暴力支配も日常茶飯事だ。国交省などが発注した公共工事でも、重層下請け構造の最末端ではそういう労働者が使われている。3人の労働者が虐殺され、多くの労働者が賃金不払い被害にあった朝日建設でも、国交省発注の工事を行っていた。という実態を訴えると・・・)
ここへ抗議にくるエネルギーがあるなら、そういう業者を批判すればいいんじゃないですか?
(国交省発注の工事でそういうことが起きているのに当事者としての自覚、責任は感じないのか?)
そういう問題があると言っていただかないと、私たちはなかなか把握できませんから。
(では声をあげない労働者が悪いということか?)
はい。

ほかにもいろいろありましたが、とにかく小名木川出張所長は問題発言多発地帯でした。
どういう文脈だったか忘れたけど、「カニが住みやすい公園にしたい」とかも言ってたな。そういえば。。。。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
【報告】国交省小名木川出張所抗議行動〜27(木)現地団交を約束させたぞ! 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる