山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 改修工事迫る竪川河川敷公園で江東区と団体交渉!

<<   作成日時 : 2010/07/13 01:42   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

50名以上もの仲間が野宿して暮らしている江東区の竪川河川敷公園では、2006年から、公園の改修工事計画と闘ってきました。
話し合いすら拒否し、強引に野宿者排除を試みた区に対し、仲間たちは力強い粘りと団結で果敢に抵抗。
結局2006年当時の工事計画は中止されることとなりました。

しかし、この工事計画は2009年度になって再始動。
今度は区も私たちとの話し合いに前向きな姿勢に転じ、さらには頼みもしないのに独自に予算をつけて無料アパート事業なんて支援策を引っさげてやってきた!

全長2キロ以上もある長い公園をA工区、B工区、C工区と3つに区切って2年ずつ順々に行うこの工事。
昨年1年間、何度も団体交渉を行い、「排除はしない」「公園内移転を認める」「工事完了後も排除は行わない」という約束を取り付け、こちらは「工事を邪魔するつもりはない」という姿勢で臨んできたものの、
あれれ?
ところでA工区からB工区、B工区からC工区へと移転を重ねて、C工区を工事するとき、どこにも戻る場所がなかったらどうするの?
区はそれに対して何も答えないし、「アパート(1年間の定期借家契約)に入ればいい」としか言わないし、「戻る場所を保障するつもりはない」とか言い出すし、「排除はしない」ってもしかして口だけ?

そんな不安がいっぱいな中でついに仲間の小屋に大きな影響が出る工事がこの夏始まろうとしています。
そこで行われた7月8日の交渉。

画像


画像


今回の交渉の舞台セッティングは宴会(?)型。
大きくブルーシートをひろげ、ちゃぶ台を置き、めいめいが座って役人と対峙する形に。

こ〜んなに平和的な話し合いを行おうとしているのに、なぜか現場には私服警察と江東区の危機管理室の姿。
話し合いの信頼関係を根底から覆すようなこのような行為には強く抗議し、彼らにはお引き取りいただきました。

交渉では工事の詳細などを議題に。
「排除はしない」という約束の具体性をなかなか示さない区の態度に、仲間たちから何度も怒りの声が挙がりました。
また、仲間から通行人が野宿者に卵をぶつける襲撃事件の発生が報告され、「野宿者はいてはいけないところにいる人間」「何をしてもいい」という大人の差別意識や役人の言動が、子どもたちの襲撃に結びついているのだということが鋭く指摘されました。

次回は8月上旬。
ちなみにこの公園改修工事、工事完了後はスポーツ公園をコンセプトに、有料のカヌー練習場やフットサル場を設け、公園管理は指定管理者制度を検討しているとのこと。
公共空間の民営化の流れが、こんな下町にまで迫ってきています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江東区にカヌー・カヤック場がオープン
カヌーやカヤックを楽しめる都内初の専用施設が江東区にオープンしました。人工の川を利用した公園で、初めての人もこぎ方を教わりながら気軽に挑戦することができます。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2011/08/12 17:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
改修工事迫る竪川河川敷公園で江東区と団体交渉! 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる