山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-

アクセスカウンタ

zoom RSS 墨田区スポーツ振興課との話し合い【4回目】

<<   作成日時 : 2010/07/17 13:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

4回目の墨田区行動。
今回は、当事者や山谷・竪川の仲間のほか、渋谷の仲間、首都圏青年ユニオンで活動する仲間が応援にきてくれ、新聞社も一社取材に来られました。

まず、人権同和・男女共同参画課を訪問。
事態を説明し、理解を求めました。急なアポイントで初めて訪問した割には、丁寧な対応だったと思います。

その後、スポーツ振興課へ。対応したのは、スポーツ振興課課長、係長、強制撤去の現場担当者、ほか1名。

まず、4回目の訪問にも関わらず会議室すら用意せずカウンターで立ち話という対応に対して仲間から怒りの声があがりました。
しばらく問答が続くも譲らず、そのまま交渉が始まる形に。

のっけから「前回で答えは出した」「廃棄物として判断した」と言い出すスポーツ振興課に、こちらは第1回目の交渉内容をテープ起こしした記録や張り紙のコピーを見せつつ、彼らが当初から廃棄した物に所有者がいて、それが野宿を余儀なくされている人であると認識していたことを指摘。
また、そもそも荷物の所有者が複数回に渡って訪問し、被害を訴えている時点で、廃棄物であると判断できるはずがないことを主張しました。

当事者からも改めて声が上がり、2時間近いやり取りの中で、最終的には
「事実であれば申し訳なかった」
「(廃棄した荷物が)本人の物であるとするならば申し訳なかった」
「本人の所有物なのか廃棄物なのか確認できない原因は自分たちの側にある」
「対応については改善したい」
などの言葉までは引き出させることができました。
しかし、本人を目の前にして事実を認めないような謝罪は意味をなさない上、何に対して謝罪するのかも不明なので、きちんとした形での謝罪を改めて要求。

最終的には課長から、これまでのやり取り(テープ起こし)を確認した上で再度連絡したいと申し出がありました。
直接文書を手渡すことは、仲間から強い拒否の意思があり、こちらがデータをHPに公開するのでそこで確認するようにということになりました。

次回(5回目!)は会議室確保を約束させ、日程は連絡待ちです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
墨田区スポーツ振興課との話し合い【4回目】 山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる